化粧水をたっぷり付けても潤わないって本当?正しいアンチエイジングとは

アンチエイジングは難しい

アンチエイジングをされている方と、気にはなっているけど特に何もしていないという方は、およそ半分半分だと言われています。ということは、2人に1人は、エイジングケアをされているということになりますね。

 

確かに私の周りを見渡すと、私はたるみ毛穴がきっかけでエイジングケアに取り組みだしましたが、私の妹は特に今までと変わらないケアを続けています。

 

妹に「肌の悩み」が無いのかと言うと、そんな事はなく・・・もちろん何となく目立ってきたほうれい線やシミが気になっているとのこと。そこで、こんな質問をぶつけてみました!

 

どうして何もしないの?
  • 面倒くさい
  • 何をどうしていいか分からない
  • もう手遅れ(もしくは、まだ大丈夫)などなど

 

つまり、エイジングケアと一言でいっても、「何をするの?」「いつもと一緒で何がいけないの?」「沢山ありすぎて、どれを選んでいいのか分からない」「シミにもシワにもたるみにも効果的なもの無いの?」

 

なんて頭の中で色々考えて、結局面倒になって『ま、いっか〜!』となるらしいですwさすが私の妹。私もそんな時期がありました。年齢は2つしか変わりませんが、数年前の私そのものw

 

そこで、これからエイジングケアを始めようと思っている方や、エイジングサインを見付けて、どうしようかと気になりだした方に向けて、スキンケア化粧品の選び方や、スキンケアの誤解などについてもお話していきたいと思います☆

思い立ったら即行動!

エイジングケアは早いに越した事はありません。それで無くとも、結果の出にくい根気と根性のいるケアです。

 

これから先、スキンケアをしっかり行ったか否かはお肌にしっかり刻まれていきますので、改善までいかなくとも、せめて!肌老化を遅らせる事は可能です☆黙っていても年は取ります。

 

どうせなら、素敵に年齢を重ねて、肌だけは若々しく保ちたくありませんか?そんな野心をお持ちの方は是非、一緒に貪欲に美を追求していきましょう♪そうすれば、きっと年をとるのも楽しみになってきます!誕生日も怖くない!

 

前置きが長くなりすぎました・・。まず、エイジングケアの第1回めは、『化粧水に求めるもの』についてです。

 

化粧水に求めるもの

 

化粧水と言えば、一般的な知識としては「肌のうるおい」ではないでしょうか?しかし、ここに大きな「誤解」があったんです。

 

化粧水の成分はほとんどが『水』と言うのはご存知でしょうか?

 

私達が欲しい肌の水分は『水という意味ではなくコラーゲン』です。つまり、お水をいっぱいあげても肌のコラーゲンが増える訳ではありません。

 

水はあくまでも水。肌に取り込んだ所で、一旦はモチモチして潤った感じにはなりますが、時間をかけてまた蒸発してしまうんですって!←あんまりです・・・。

 

コラーゲンを増やすなら

 

ビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめです。私達は年々コラーゲンを作る力が弱まっていってしまいます。そこで、コラーゲンの増加を助けてくれる強い味方がビタミンC誘導体なんです!

 

このビタミンC誘導体は、様々なエイジングサイン(シミ、シワ、たるみなど)に効果的で、その他にも皮脂の抑制やニキビ予防にも効果的で、もちろん毛穴の開きや、黒ずみなどのトラブル解消にも効果的なスーパー美容成分☆

 

まずは、この『ビタミンC 誘導体』が配合された化粧水を使うことがエイジングケアの第一歩だと思います☆もちろんお肌の弱い方は、サンプルでご自身に合うかどうかパッチテストを行っていただくか、かかりつけのお医者様にご相談されるのが安心でしょう。

 

因みに私は、アトピーで皮膚も薄く敏感肌で、合うもの合わないものの結果が早く現れやすいです。

 

この、ビタミンC誘導体配合化粧水を約1ヶ月程使用してみましたが、一切のトラブル無く使用出来ましたので、比較的お肌の弱い方でも安心してお使いいただけるのではないかと思います♪(個人差はあると思います)

 

その他のオススメ成分
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • 植物エキス(アレルギーのある方はご確認を)

 

これらは、アンチエイジングに欠かせない、抗酸化作用がありますので、シミやシワなどに有効だと言われています。

 

せっかく化粧水を使うなら、成分に注目して購入することをおすすめします。お水を入れてモチモチになっても、長続きはしませんしね。

 

肌の奥の細胞の働きを活発にしてくれる成分にこだわって化粧水選びをされるといいですよ☆
次回は、化粧水選びや有効成分について更に詳しくお話していこうと思います。