年齢の出やすい手の甲。手荒れの原因を防いでアンチエイジング

顔だけじゃなく手もアンチエイジング!

手荒れは、乾燥する季節の冬に多い肌トラブルのイメージですが、水仕事をすればするほど慢性化してしまうものです。その場合、1年中手荒れにお悩みの方も多いことでしょう。

 

更に、手荒れによって更に引き起こされる肌トラブルもあることをご存知でしょうか?ただの手荒れと軽視すること無く、辛い痛みや痒みから開放されましょう。

 

慢性的な手荒れの負のループから脱出する為に、毎日小さな事の積み重ねがやがて改善へと繋がっていくものです。

手荒れの原因とは?

何となくわかっているけど詳しい原理はわからないものです。どんな仕組みで手荒れが引き起こされているのか原因を詳しく突き止めていきます。

 

水やお湯に濡れる事

 

家事や仕事などで、水などに触れる機会が多い場合、常に手が濡れている状態がまずよくありません。顔も同じですが、濡れたままでは、表面の水分が蒸発するとともに皮膚の乾燥を伴います。

 

顔の場合は洗顔した後に化粧水や美容液で保湿ケアを行いますが、頻繁に水仕事を行う場合、手を拭くたびにハンドクリームを塗る作業を毎回行うのは煩わしいです。

 

と言うか、毎回水仕事のたびに、ハンドクリームなどが水に濡れてぬるつく手を、毎回毎回洗う面倒臭さってありませんか?とりあえず一段落したらクリームを塗ろうと思って居ても忘れてしまったり、せっかく塗った所でトイレに行けばまた手を洗うわけですから、結局塗る暇さえ無いのが現実ではないでしょうか。

 

そして、結局また水に濡れるのだからと、1日そのまま過ごし過酷な状況にさらされた手は、寝る前にしか保湿してもらえず十分なケアをなされない為に乾燥が悪化し、やがてさかむけ、皮めくれ、ひび割れや湿疹などの痛みや痒みを伴う炎症を引き起こしてしまうんです。手の悲鳴の様なものですね。

 

洗剤やハンドソープに何度も触れること

 

洗い物の時、食材や薬品を使った際に必ず洗剤やハンドソープなどを使う場面が自ずと増えるものですが、この洗浄成分に「界面活性剤」が多く含まれています。

 

特に油汚れがサッと落ちる洗浄力の強いものは手の皮脂まで洗い流し、更に潤い成分のセラミドも洗い流されてしまうことになります。セラミドを失うことで乾燥し肌のバリア機能も低下していきます。

 

更に洗剤などの強い洗浄成分によってダメージを受けることで肌荒れに繋がってしまうんです。

 

お料理をする際、肉や魚の匂いや菌などが手についたままの手でサラダを作る方はいないでしょうし、必然的に毎回洗う事になってしまいます。

 

例えば、ハンバーグを作る際、素手でお肉をこねた後の肉の脂でベタつく手は、油汚れの他にニオイもなかなか取れるものではありません。ベトベトの手で食器や調味料の容器も触れませんしね・・・。

 

ハンドソープで洗うことで石けんの香りが食べ物にうつる気がしてしまう神経質な私は、食器用洗剤で素早く手を洗うことなんでザラでしたw

 

油汚れをサッと洗い流すということは、メイク落としでいうところのオイルクレンジングとでも言いましょうか。やはり頻繁に何回も使うことで肌へのダメージは相当大きなものになってしまうのも頷けます。

手荒れの予防・改善のために

たったこれだけの事に注意するだけで、簡単に手荒れを改善できるかも知れません!

 

  • 水仕事の際は『ゴム手袋』を
  • 手が濡れたら水気はしっかり拭き取る(濡れたままにしない)
  • こまめにハンドクリームでケア♪
  • 悪化してしまったら、放置せず皮膚科を受診して下さい!

 

ゴム手袋は最近は様々なサイズがありますね。子供用まで発見しました。

 

手の小さい方は大きな手袋で煩わしさを感じることも多かったかと思いますが、かなり使いやすくなりましたので是非お近くのホームセンターや雑貨屋さんへ行かれて見て下さい。因みに100円ショップでも様々なタイプがありましたのでおすすめです。

 

ゴム手袋で痒くなってしまう方は、綿の手袋をしてからゴム手袋をすることをおすすめします。

 

また、ハンドクリームは、水仕事が多い方用の簡易的で便利なワンプッシュタイプの物があるので、この様な物を使うといいかもしれません。

 

私自身も経験がありますが、酷く手荒れが進行してしまうと、慢性的な湿疹や痒みを伴い何もしていなくとも症状が悪化していってしまいます。

 

こうなってしまうとハンドクリームや市販の薬では改善が難しいです。湿疹や水疱ができてしまったらお医者さんでお薬を処方して貰ってしっかり治していきましょう。

 

これ、本当に辛いんですよね・・・見栄えも悪いし。私は放置し過ぎて色素沈着と皮膚にクレーター状のボコボコが若干残ってしまいました。年々目立たなくなってきた気はしないでもありませんが・・。

 

そうなる前に、ただの手荒れと軽視すること無く皮膚科へ受診をおすすめします☆