毎日のエイジングケアに重要!美容液の選び方をご紹介

【重要】エイジングケアには美容液が効果的

いかなるスキンケアにおいても重要なのは『美容液』だと言われています。今回は、アンチエイジングにおける美容液の有効成分や、その選び方などについてお話していこうと思います。

 

美容液の成分は様々ですが、そのテクスチャー(クリーム状、ゲル状)も、様々なタイプが存在します。より効果を実感する為にも、肌の悩みに適したものを選びたいものです。

 

どういったお肌の悩みに、どんな美容液(成分、テクスチャー)が効果的なのかについて、ご紹介していきたいと思います。

 

重視すべきは化粧水より美容液

 

化粧水にも魅力的な美容成分が配合されたものが色々とありますが、化粧水と美容液の違いは主にその『成分の濃度』にあります。

 

化粧水はしっとり系と言えども、比較的サラッとしているのに比べ、美容液はジェル状やクリーム、ゼリー状などテクスチャーの種類が豊富です。

 

美容液は少しの量でも、良いお値段がするイメージはありませんか?

 

やはり、それだけ高濃度で美容成分が凝縮されているのも大きな理由なんでしょうね。例えば、化粧水と美容液の重要度を価格で表すのであれば・・・

 

化粧水は1500円〜3000円で良いとすると、美容液は3000円〜10000円くらいお金を掛けたいところです。

 

化粧水に配合できない美容成分もある

 

この代表的な美容成分に『セラミド』があります。セラミドの効果としては、肌表面の角質細胞同士をつなぎ、潤いを逃さない優れた保湿効果を持っています。

 

しかし、脂質の一種であるセラミドは、水に溶けないんです。なので、化粧水に配合することが難しいのだと思います。。

 

セラミドは私達の肌の内部で作られていますが、やはり年齢とともに作る量が減ってしまうのが現実です。アンチエイジングをしていく上ではやはり『美容液』で外からもセラミドを補う必要があります☆

 

セラミドの効果

 

最も優れた保湿力(肌のハリ不足、シワなどアンチエイジングに効果的)

 

その他にも美容液は、肌の悩みに合わせてスキンケアにプラスしていくことでより効果を実感できます。沢山ありますが、代表的な美容液成分をちょっとだけまとめてみます。

美容液の選び方

目的・効果別 美容液成分

 

しっかりとした保湿を求める方へおすすめの美容液成分
  • セラミド
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸
  • スフィンゴリピッド

 

美白やメラニンを作らずシミの予防に効果的な美容成分
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • カモミラET
  • トラネキサム酸

 

肌老化を防ぎ、コラーゲンを増やすアンチエイジングに効果的な美容成分
  • ビタミンC誘導体
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • レチノール
  • 甘草エキス

 

こうして並べていくと、確かに聞き覚えのある名前ばかりではないでしょうか。中には様々な肌トラブルに幅広く有効なスーパー美容成分があることにも気付いて頂けましたか♪

 

私も大好きなビタミンC誘導体!本当に万能美容成分と言っても過言ではないかも知れません。アトピーで肌が敏感な私ですが、トラブル無く使用できる私の好きな成分ですwおすすめ☆

 

最後にテクスチャーについてちょっとだけ注意点をお話して終わりたいと思います。

テクスチャーの種類についての注意点

サラッと肌なじみが良いジェルの様な美容液や、プリップリのゼリ−状、結構なコッテリ具合のクリームなどなど、美容液のテクスチャーって様々ですよね。

 

肌への負担が少ないものを選びたい場合に注意したいのは、固めのテクスチャーの美容液です。

 

やはり、固いなりに肌への刺激になる増粘剤などが多く含まれている場合がありますので、敏感肌の方は特にサラっとした使い心地の肌なじみの良いジェルタイプの美容液を選んでいただいた方が、肌トラブルになりにくいのでおすすめです。

 

一見、サラっとしていると『ん?本当にこれでいいのかな?』って言うくらいに一気に肌に吸い込まれてしまうような感覚があり、塗りごたえもないのですが、美容成分はお肌内部にしっかり届いていますので問題ありません☆

 

欲している成分がわかったら、是非テクスチャーにもこだわってみてくださいね♪