何故、黒くまはコンシーラーでカバーできないの?目の下のたるみ解消法

今からでも遅くない!黒くまに気づいた時からケアを初めませんか?

ここでは、エイジングサインの一つでもある、《黒くま》についてお話しています。私も実はこの《黒グマ》に悩まされています。

 

20代後半辺りからでしょうか、やたらクマが気になりだしました。というのも、私はメイクで隠せるものだと思っていましたし、毎日見慣れた自分の顔なので、じわじわやってくるクマに対してさほど気にも止めず・・何だか今日はクマが濃いな?寝不足かな?と言った感じでした。

 

ところが、当時の職場の上司に『白ひじきちゃん、どうしたの?最近顔が疲れてるよ・・具合大丈夫?』と心配されました。とってもありがたい温かいお言葉、感謝するべきなのに、何だかイラッとしてしまいましたw

 

だってすっごく元気だし、顔が疲れてるって何だよ〜。その時は顔をみれば心配してくる上司に、怒りがこみ上げ(T_T)家に帰ると「また、言われた。嫌がらせだよ〜・・・」ととても落ち込みました。

 

でも今思えば、その時から始まっていたんですよね、目の下の黒くまが!!

 

確かにお芝居などで、病人メイクをする時、頬がコケて、目の下にクマは定番です。きっと私は、目の下のクマはメイクじゃ隠せない黒くまが始まっていて、周りからは具合が悪そうに見えてしまったんでしょうね・・・。

 

その時からこのクマの存在を知っていたらと思うと、もっとケアのしようがあったのに。と本当に思います。そこで、今日は黒いクマの原因や対処法についてご紹介していきたいと思います☆

目の下の黒くまについて、まとめてみました!

黒くまの原因とは?

 

肌内部のコラーゲン量の低下による目の下の皮膚のたるみが原因です。たるみによってできる陰が黒くまちゃんなのです。

 

黒くま改善に向けた注意点

 

コンシーラーでは隠せないどころか、クマを目立たせる結果になるので、コンシーラーは使用しない方が良いようですね。

 

根本的に改善していく必要がありますので、その為にはコラーゲン量を増やす事が第一!次に注意したいのが”むくみ”。むくんでしまうことで余計にクマが目立つ事になってしまいます。

 

黒くまのオススメ解消ケア

 

スキンケア用品(化粧水)のオススメは『ビタミンC誘導体』!

 

コラーゲンの生成を助ける役割の他、様々な効果が期待できるビタミンC誘導体を毎日使い続ける事で、コラーゲン力をあっぷさせていくのが狙いです♪

 

ふっくらハリ感アップに『レチノール』配合アイクリーム

 

ふっくらとハリのある肌にすることで、目の下のクマは軽減されていきますので、ビタミンC誘導体と合わせてレチノールを!アイクリームなどに配合されていることが多いですが、効果の高いものは、ピリピリっとした刺激があるものも。
お肌の弱い方は注意してお使いください(因みにアトピーの私は、確かにヒリヒリとちょっと熱くなるような刺激を感じながらも使い続けましたところ、特に肌トラブルもなく確かに効果を実感しました。)

 

ピーリングでターンオーバーを促そう♪

 

週に1、2回のピーリングでお肌にたまった古い角質の除去を手助けすることで、コラーゲンを増やすお手伝いにもなります。また、シミやシワ、毛穴の開きなどにも効果的なケアなのでおすすめです。

 

むくみには要注意!

 

塩分のとり過ぎや、水分のとり過ぎはむくみの原因になります。むくんでしまうと、血行が悪くなり、それでなくても隠せない黒グマを更に目立たせる結果になりかねません。特に冷たいもののとり過ぎにも注意が必要です☆

 

以上の点に気をつけた生活、ケアをしていくことが改善に繋がりますが、早々に結果の出せる物ではないのが、黒くまなんです。たるみと言うものは、一度なってしまうと容易に改善はできないんですね。

 

深刻なお悩みをお持ちの方は、美容外科などで受けられる、コラーゲンをアップさせるレーザー治療や、ヒアルロン酸注入などもありますので、専門医にご相談されるのも良いでしょう☆(効果が持続するのが半年程度のものもありますので、効果と価格を照らし合わせてみることもお忘れなく)

 

黒くまって響きは可愛いのに、曲者なんです。コツコツケアしていくことで、今以上悪化させない!位の気持ちで地道に頑張っていきましょう♪何もしないよりは遥かに差が出ますので、諦めないことが大切です。

 

病人顔は卒業しましょう☆・・それは、私でしたね・・・w