口のニオイの原因は何?口臭の対策・予防について

口臭の原因や対策・予防について

人と話をする時、自分の息が臭ってないかな?と気になった事はありませんか?

 

口臭って自分では気がつかないと言いますが、ニンニク料理などのニオイのキツイ食事の後なら原因はハッキリしていますが、特に虫歯も無い、歯もしっかり磨いているのに口臭がある場合はどんな原因が考えられるのでしょうか。

 

そこで、今回は『口臭』の原因や対策・予防などについてご紹介していこうと思います。キレイな息は、人と接する際のマナーとしても気をつけたいケアの一つですよね☆

 

口臭の主な5つの原因とは?

 

  • 食べ物・飲み物によって(ニンニク・ニラ・納豆・コーヒー・アルコールなど)
  • 口の乾燥(ストレス・呼吸の仕方など)
  • 空腹の時(胆汁酸など)
  • 虫歯(歯槽膿漏・歯肉炎・歯周病など)
  • 肺や鼻、気管支などの疾患によるもの(鼻炎・蓄膿症・気管支炎・肺炎・肺がん・胃炎・胃がん・糖尿病など)

 

口臭の改善や予防について

 

まず、唾液には、口の中の殺菌、抗菌、洗浄効果があるという事を覚えておきましょう。

 

飲食物による口臭の対策

 

唾液では改善が難しいですが、ブレスケア用品が出ていますね。噛まずに飲み込む事で、お腹(胃)の中の臭いを元から分解して息を爽やかにしてくれるものなんかがあります。

 

口の渇きによる口臭の対策

 

口で呼吸してしまう場合や緊張やストレスを受けている場合などで、唾液が減り口の中がネバついた状態になりやすいんです。これが口臭の元。舌を左右に動かすなどして唾液の分泌を促してあげる事が効果的です。

 

または虫歯になりにくいキシリトール系のガムや飴を食べたり、酸っぱいものを想像して、なるべく唾液を出すように心掛けること☆飲み物で潤す場合は、『水』がおすすめです。

 

空腹時の口臭対策

 

お腹が空くと唾液がネバつきやすく、さらに胆汁酸の消化に伴って口臭が更にひどくなりがちです。

 

予防としては、食事は毎食しっかりとってお腹の空いた状態にならないように心がける事ですが、どうしても時間通りにいかない時もありますよね。そんな時は、お水をちょっと飲むだけでも違います☆

 

虫歯や病気など体の不調からくる口臭対策

 

これは、いくら口臭対策をしても、原因を断たなければ改善は難しいのでは無いでしょうか。

 

例えば虫歯。歯の治療って時間が掛かるし、習い事のように毎週通わないといけなかったり、大人の虫歯は1本治すのにもとっても時間がかかったりして、後回しにしたり、途中で行かなくなる・・なんてことも多いですよね。

 

しかし虫歯を悪化させて死に至った事例も実際にあるんです。歯を支える歯茎やそのまた奥の骨にまで影響を与えていってしまい、更には虫歯の菌が体中に回って・・・。

 

たかが虫歯とは言えないんですよね。口臭予防というよりも、まずはその疾患の治癒に務める事が一番です。

最期に

『自臭症』という言葉を聞いたことはありませんか?私は前回の記事[ワキガ]のお話しをした際にもご紹介したんですが、これは実は[臭いを感じているのは自分だけの勘違い]の場合もあるんです。

 

精神的な疾患として認識されていますが、臭いに敏感になってしまうあまり、実際にはしない口臭や体臭が、自分から発せられているかのように感じてしまい、実際に臭いもするんだそうです。(ご本人にだけ分かる臭い?で実際にはにおっていない)

 

この場合、心療内科などメンタル系のクリニックのお医者さんにご相談されることをおすすめします☆