もう足が臭くて靴が脱げない!とは言わせません

足が臭い人とそうでない人の違いとは?

足のニオイってどうしてあんなに独特な臭いがするのでしょうか?私のまわりにも足の臭いに悩む友人がいますが、その友人はいつも・・おじゃましますではなく『ごめんね〜、一旦シャワー貸して!w』という位、足の臭いを気にしていました。

 

確かに臭いんですが、足を洗った後は無臭なんですよね。でも、足が臭くなりやすい人となりにくい人って居ますよね?どうして足は臭くなるのでしょうか?

 

今回は、足が臭くなる3つの原因と、ニオイの改善、予防法などについてご紹介していきたいと思います。

 

足が臭い3つの原因

 

汗と細菌のコラボレーション

 

足の裏には汗を出す汗腺が多く、身体の中でも最も汗をかきやすい部分だと言われています。一般的に足の裏だけでもコップ1杯分なんて言われるくらいです。と言っても、個人差はありますが。

 

でも、汗自体にはニオイは無いんです。ここに細菌(バクテリアやブドウ球菌、カビなど)がコラボする事でニオイが発生するんです。この細菌の方々は、ワキの下でもコラボしてイベントを開いたりしています・・。もう、解散して欲しいですw

 

水虫(患部と細菌のコラボレーション)

 

水虫だからといって臭うのではなく、皮膚に細菌が付着したり侵入することで、腐敗性物質(脂肪酸など)が発生します。これがニオイの原因。

 

細菌は目に見えないだけに、ちょいちょいニオイでアピールしてくる癖があるようですね・・。更に靴の中が蒸れてしまった日には・・・大惨事です。本当にかまってちゃんですね。

 

靴や靴下などの素材でカオスに

 

靴の中が蒸れやすかったりすると、ニオイも倍増する事になりますし、湿気の多い環境はカビの原因や細菌たちにとってとっても居心地が良いんです。しかも!細菌もウン◯をします。

 

その排泄物によるニオイもあるでしょうし、それを餌に繁殖するものもいるでしょう・・ハッキリ言って靴の中はカオスと化します。住みにくい環境づくりするしか無いですね・・。

 

もう足のニオイから卒業しよう

 

まずは、足のニオイの元(原因)を断つのだ!汗を抑える&殺菌効果ありなので、試してみる価値はあるのです。

 

ミョウバン水を作る

 

足のニオイだけじゃなく、ワキのニオイやニキビなどにも効果的と言われています。殺菌作用やカビ掃除、ナベの焦げつきにも使い方は色々ですが、くれぐれも肌に使う場合は原液を付けないで下さい!

 

肌に付ける場合は、『10倍〜30倍に薄めて』使って下さい☆肌の弱い方はご注意くださいね。

 

作り方

 

何度も言いますが、これからご紹介するのはミョウバン水原液の作り方ですので、肌に直接つける際は、10倍〜30倍に薄めるようにしてください。

 

用意するもの

  • 焼ミョウバン15g(ドラッグストアで購入できます)
  • 水道水500ml(ミネラルウォーターはダメ)
  • 空のペットボトル1Lの大きさだと何かと便利
  • 水道水1.5Lに対して焼きミョウバン50g

 

作ってみよう

  1. 焼きミョウバンと水道水をペットボトルにいれてフタをしっかり閉めて振る。(始めは白く濁っています。これはまだしっかり混ざっていない証拠。出来上がりには時間が必要)
  2.  

  3. 三日間くらい風通しの良い暗いところに保管(時々振ってしっかり混ぜる)
  4.  

  5. ミョウバン水は無色透明になったら出来上がり(肌に使う際は水道水で10倍〜30倍に薄めて下さい)

 

足に使ってみよう

 

10倍から30倍程度に薄めたミョウバン水は100円ショップなどに売っている空のスプレー容器にいれておくと便利です。

 

まずは、コットンなどに含ませて足の裏を拭く。その後に、念押しでスプレーをシュッと足裏にかけておく。

 

ミョウバン水はできれば1ヶ月くらいたったら、新しく作りなおして下さい。たくさん作ると勿体無いので、少量で作るか、お掃除の時に使うのもおすすめです。

 

バッグに入れておけば出先でも使えて便利ですね。おトイレでこっそりどうぞ☆

 

水虫を治す

 

ミョウバン水は水虫にも効果的なようですが、お医者さんにかかるほうがおすすめです。でも・・ちょっと恥ずかしいし・・と思いますよね?でもお医者さんは、水虫の患者さんをたくさん診ています☆今更驚きません。

 

水虫は白癬菌による立派な皮膚疾患、恥ずかしいなんて言ってられないんです。悪化するほど完治に時間は要しますが、根気よく治療すれば必ず治ります、悪化する前に早めに皮膚科へ。

 

靴のサイズや靴下の素材に注意

 

蒸れによる靴の中の湿度を軽減したいところです。小さすぎる靴は、指と指の間の通気性が悪くなります。その他に、外反母趾などの原因にもなりかねません。大きすぎるのも靴ずれなどの原因ですので、サイズの合った靴を選ぶのは絶対です。

 

素材ですが、通気性を考えると合皮より本皮です。天然の皮には水分(汗)の吸収、発散に優れています。合皮に比べと高価ですが、足クサと比べてどっちが良いのか・・私なら、足クサ!・・ではなく本皮を選びます。

 

靴のメンテナンスもお忘れなく!

 

1日履いた靴は、靴箱にしまわないで、乾燥させる。できれば翌日は違う靴を履くといったように、休ませることが結構大事です。細菌が繁殖する環境にさせないのもポイントですよ。