頭皮の気になる臭いの対策法とは?臭いの原因は何か

頭皮が臭うNG習慣とは

何だか頭が臭い・・頭皮の臭いが気になる・・と感じたことはありませんか?毎日髪を洗ってるのに、頭皮がにおってしまうNG習慣があることをご存じですか?

 

今回は、女性にとっては深刻な悩みの頭皮のニオイの3つの原因と、見直したいNG習慣やニオイの予防方法などについてご紹介していきたいと思います。

 

頭皮のニオイの3つの原因とは?

 

原因は様々ですが、主に大きな原因として3つご紹介します。

 

頭皮の皮脂

 

体の中でも最も皮脂腺が発達し、一番皮脂量が多いパーツが頭皮なんです。チリやほこりなどの汚れ、スタイリング剤などと混ざりやすい性質かあります。

 

多く分泌された頭皮の皮脂に様々な汚れなどが混ざり合うことでニオイの原因になります。

 

誤った洗髪方法

 

洗髪は髪を洗うのはもちろんですが、それよりも重要なのは頭皮の皮脂やチリやホコリなどの汚れを落とす事が大きな目的です。

 

しかし爪を立ててガシガシ洗ってしまうと頭皮を傷付ける事にも繋がりますし、しっかり洗い流せていない場合、頭皮に残ったシャンプー残りもニオイの原因や痒みや湿疹の原因にもなりかねません。

 

洗髪後の放置

 

髪が濡れたまま放置することで、雑菌が繁殖し易い状況になってしまいます。洗濯物で言うところの生乾きのあの嫌な匂いと同じような状況が髪でも起こってしまいます。

 

また、夏など暑い季節は、髪が短いとタオルドライだけで、自然乾燥なんて方も多いのでは無いでしょうか?濡れたママの状態はカビの原因にもなるんです。

 

頭皮のニオイ対策方法

 

頭皮のニオイ予防には、洗髪後のNG習慣の見直しが大切です。

 

頭皮の皮脂や汚れをしっかり洗い流す!

 

シャンプーの際は、指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように皮脂やスタイリング剤などをしっかり落とす。この時注意したいのが「シャンプーの洗い残し」です。

 

せっかくシャンプーをしてもシャンプーが残っていると頭皮のニオイだけではなく、頭皮トラブルの原因にも。生え際やうなじ、耳の裏などは洗い残しやすいので注意しましょう☆

 

髪はしっかり乾かす!

 

ある程度タオルドライをして、髪や頭皮をドライヤーなどで乾かすことが大切です。指の腹を使って頭皮をマサージしながら全体的に温風をあてて、まずは頭皮をしっかり乾かす事から。

 

後頭部は案外忘れがちで湿った状態になりがちですので忘れず乾かして下さいね。

 

美容師さんに聞いたおすすめのドライヤー使用法

 

タオルドライの後、濡れた髪のキューティクルは刺激に弱い状態になっていますので、とにかく水気をドライヤーで飛ばす感じで乾かしていく(頭皮を乾かす感じで根元から髪を乾かす)。

 

目の細かいコームなどで無理に髪を溶かしたりせず、始めは目の粗いクシやブラシなどでザッと溶かす程度で、髪の水気が無くなって来てからスタイリングしていくのがおすすめだそうです。

 

コームやブラッシングの行い方

 

ロングヘアーで髪の先が絡まりやすい方は、毛先からブラシングしていくといいそうです。

 

毛先がとけたら同じ方法で段々上に移動していきます。くれぐれも根元から無理に髪を溶かさないのがいいんだそうです(切れ毛、枝毛など髪が傷む原因になるのでご注意下さい)。