手は最も老化の現れやすいパーツ。手のトラブルケアの仕方

老化の現れやすい手のトラブルについて

年齢が現れやすい部分として、皆さんご存知の「手」ですが、どのくらい老化が早いのかというと・・・なんと「顔より10年早く歳をとる」と言われるほどなんですって。

 

確かに何をするにも手を使いますよね。物を持つのも、洗い物でお水やお湯にも浸かりますし、何よりも毎日紫外線にさらされています。

 

肌老化の大きな要因である「紫外線」にさらされることで、《シミ・シワ・イボ》などのトラブルに繋がるんです。

 

ということで今回は、手の肌トラブルのお話しをしていきたいと思います。

 

主な手の肌トラブル

  • シミ
  • シワ
  • イボ
  • 手荒れ(ひび割れ・手湿疹など)

 

手のトラブルの原因は?
  • 紫外線
  • 加齢によるもの
  • 水やお湯に濡れる事で油分を失いやすい

 

顔はほぼ毎日、紫外線対策をするのに、意外と気にしていないのが「手」ではないでしょうか。

 

最近では手袋などをしたりして、手のUV対策もしっかりされる方が多く見受けられるようになりましたが、その反面、完全にすっぽり手を隠してしまうと正直不便ですよね。

 

そんな中、指先が自由なアームカバーが主流になりつつありますが、指先は結局紫外線にさらされてしまいます。

 

そこで日焼け止めの出番ですが、水に濡れるとするとヌルっとして、水仕事の前に一旦洗い流さなければいけないのが億劫なんですよね・・・。←私は、どこまで面倒くさがりなんでしょうか。w

手の肌トラブル予防&解消法

手のシミ、シワなどの光老化予防として紫外線対策を

 

ちょっとした外出でも毎日の積み重ねが老化現象として「手」に刻まれていきますので、短時間のお買い物には手袋やアームカバー、長時間のお出かけには日焼け止めでしっかりUV対策するの良いかも知れません☆

 

ひび割れ・手湿疹の予防には手荒れ対策を

 

水仕事の後は、しっかりと水気をふき取り、ハンドクリームなどでこまめに油分を補ってあげる事☆

 

特に冬はお湯を使う場面も増える上に空気が乾燥しているので、尿素配合の保湿クリームでしっかりと潤い補給が大切ですね。

 

シワは、乾燥も大きな要因の一つなので、季節ごとのこまめな潤い補給が必要となります。

起きてしまった手の肌トラブルには?

ここからは、すでに出来てしまった、手のシミ、シワ、イボなどの解決法をご紹介していきたいとおもいます。主に手のトラブルは、皮膚科などお医者さんにかかることが一番早く適切な処置を受けられるのでおすすめです。

 

手にシミができたら
  • 紫外線によるシミ・・・レーザー治療が効果的
  • 傷跡などの色素沈着・・・スクラブ入り洗顔料で洗う→尿素配合クリームでしっかり保湿

 

手のシワが気になる
  • 深いシワ・・・なくすことは難しい
  • 細かいシワ・・・しっかり保湿&UV対策

 

ヒビ、あかぎれ、手湿疹の場合
  • 軽度な場合・・・尿素配合クリームで保湿(水仕事の度に)
  • 繰り返す、重度な場合・・・皮膚科にいきましょう。

 

市販のクリームなどを使っても症状が改善されない、もしくは痒みや痛みを伴って悪化する場合は、早めにお医者さんにかかって下さい。

 

掻いて傷になってしまうと跡が残ってしまう原因にもなりますのでご注意を☆

 

手にできたイボ
  1. 手足の皮の厚い部分にできる水疱状のイボ
  2. 痛くも痒くも何ともないもの
  3. 痒みを伴う

 

主に2)のイボは邪魔になるわけでなければほおって置いても大丈夫な場合も多いようですが、痒みがあったり大きくなってきたり、数が増えていくようなイボの場合は皮膚科医に相談してみる事をおすすめします。

 

ウイルス性のイボ、そうでないものによって治療法が変わってくるそうです☆

 

イボの場合の注意

 

お医者さん曰く、イボは引っ掻いたり触ったり、むやみにいじらない方が良いそうです☆

 

物によって増えたり大きくなってしまってりするので、見つけてもそっとしておいて下さい。さわらぬ神にたたりなし・・・ですね。

液体窒素によるイボ治療

イボと言えば・・・。私は以前、手の甲にできた小さい突起物が気になり、皮膚科のお医者さんに相談した所、液体窒素で焼かれましたw

 

マイナス200度近い低温で患部をジュっと凍らせて低温やけどの状態にするらしいです。ドライアイスのようにモクモク煙の出た綿棒を何秒間か押し当てられるんですが、結構痛いです。痛くて笑けてきます。

 

しかもある一定の期間をあけて何度か焼かれます。(イボの深さに寄るのでしょうかね)ですが、現在はおかげさまで跡形なく綺麗になりました。というか自分が気にしなければそのままでも問題はないんですけどね。

 

リスクとしては、火傷状態になっている治療箇所を紫外線にあててしまうと《シミ》になってしまったり、せっかく取ったイボが再発なんて事もよくあるそうですので、その辺はしっかりお医者さんとお話ししてみて決めることをおすすめします☆

 

絶妙な痛さなんですよね・・・そういう趣味はありませんが癖になりますよw次回は夏に気になる脇のトラブルについてお話していきたいと思います。