5つの体質のどのタイプに当てはまるかで改善方法は異なる

東洋医学の体質チェックおさらい

前回、東洋医学における5つの体質のセルフチェックをご紹介しました。

 

東洋医学における5つの体質

 

  • 気虚(ききょ)
  • 気滞(きたい)
  • 血虚(けっきょ)
  • ?血(おけつ)
  • 水毒(すいどく)

 

この内のいずれかに分類されたかと思いますが、これから、この体質ごとの原因と、改善方法をご紹介していきます。複数の体質に該当した場合は、それぞれの改善方法を行ってください

体質別の原因について

東洋医学では《気・血・水》(き・けつ・すい)の3つの働きがバランスよく保たれていることが健康に繋がるとされています。3つのどれかが欠けるだけでも、様々な不調を起こすと言われています。

 

《気虚(ききょ)》体質

 

気が不足してしまっている。原因は、栄養の偏りや過労、睡眠不足などが主な原因の可能性

 

《気滞(きたい)》体質

 

気の流れが滞っている。原因は、運動不足や疲労、ストレスが蓄積している可能性

 

《血虚(けっきょ)》体質

 

血が足りなくなっている。原因は、老化、貧血、極端な偏食などが主な原因の可能性

 

《お血(おけつ)》体質

 

血の流れが悪い。原因は、運動不足や冷え、ストレスなどが主な原因の可能性

 

《水毒(すいどく)》体質

 

水が余分に蓄積されている。原因は、水分のとり過ぎや運動不足、冷えなどが原因の可能性

体質別の肌への影響と改善方法

食事療法として改善することがおすすめです。おすすめの食材をご紹介します。

 

《気虚(ききょ)》

 

影響

 

肌のカサつき(乾燥)とたるみを引き起こしやすい。

 

改善方法

 

粘り気のあるもの(お米、山芋、雑穀など)を、積極的に摂取するのがおすすめ。

 

消化の良い物をゆっくりよく噛んで食べるようにして、早寝早起きを心がける。

 

《気滞(きたい)》

 

影響

 

ニキビ、湿疹ができやすい。のぼせやすい。

 

改善方法

 

香りの良いもの(しそ、三つ葉、ハーブなど)を、積極的に摂取するのがおすすめ。

 

バランスの良い食事と適度な運動。アロマテラピーなどリラックス方法を

 

《血虚(けっきょ)》

 

影響

 

爪がもろく割れやすい(爪が薄い)、髪のパサつきや肌の乾燥。

 

改善方法

 

黒い食材(海藻、黒ゴマ、レバーなど)を、積極的に摂取するのがおすすめ。

 

偏食に注意し、胃腸に負担をかけないようにする

 

《お血(おけつ)》

 

影響

 

目のまわりのクマ、シミ。あごニキビができやすい。手荒れしやすい。

 

改善方法

 

体を温める(温性)食材(しょうが、ネギ、青魚など)を、積極的に摂取するのがおすすめ。

 

冷たいものなどで体を冷やさない様に注意。適度な運動と禁煙

 

《水毒(すいどく)》

 

影響

 

むくみやすい。酷い湿疹(炎症)しやすい。

 

改善方法

 

体を温める(温性)食材(しょうが、小豆、かぼちゃなど)を、積極的に摂取するのがおすすめ。

 

 

むやみに水分を摂取しない事と、冷たい飲食物に注意。適度な運動が必要

 

毎日の些細な不摂生が積み重なる事で、体の中に悪い形で蓄積されていってしまうんですね。

 

偏った食生活や体を冷やす冷たいもの、運動不足やストレスなど様々な要素が集まって、今の体質を作ってしまったのだと思うと、逆にこれからの生活習慣を見直すことで体質改善に繋がるということではないでしょうか。

 

ストレスも貯めこんでは良いことがありませんので、適度にストレス発散できる方法や自分の好きなように過ごせる時間などを持つ事も改善方法の一つですね。あまり無理し過ぎないようにしたいものですね。