気になる目の下のクマや顔のくすみ。原因や種類を知る事が改善の第一歩

目の下のクマにお悩みなら。

どんなに身体が元気でも、パワーが有り余っていようとも「顔」の印象で老けて見えたり、疲れて見えたり、本当に嫌になります。

 

目の下のクマに悩んでいる私の場合、友人や家族に「疲れてるね」とかー・・・「何か悩んでるの?」・・・とか、色々言われるのがこの《クマ》のせいだとわかったのはここ数年。

 

確かにクマは目立たない日もあれば、何だかやたら主張してる日もあって、メイクじゃごまかせない時があるんですよね。因みに、私のクマのタイプは《黒クマ》・・要は、たるみ!はあ〜・・・たるみって・・凹みますね・・w

 

でも自分のクマのタイプ(原因)がわかれば、解消できます。今回はまず、ご自身の《クマ》のタイプをまず知っていただくことを目的にお話していきますね☆

目の下のクマや顔のくすみの原因は?

くすみの原因

くすみの原因は、加齢や乾燥によって引き起こされる事が最も多いと言います。

 

くすみは、加齢に伴いターンオーバー機能が低下します。すると肌表面の角質は厚く残ってしまい何だかぼやけたくすんだ肌に見えてしまうんですね。

 

乾燥肌の方も、肌表面がカサつく事で化粧が浮いてしまったり化粧くずれしやすいと思う方も多いのではないでしょうか。

 

目の下のクマの原因

 

主に、血液のうっ血、シミ(色素沈着)、むくみやたるみなどが原因と考えられれています。

 

目の下のクマに関しては、生れつきの体質だったり加齢に伴うものや、日頃の誤ったケアが招いてしまって、むくみやくすみによるものなど原因は様々です。

 

その原因によって、クマは色が違ったりするのも特徴の一つかと思います。黒クマ、青クマ、茶クマなど聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。それぞれのタイプに合わせた適切なケアが必要になってきます。

私は何クマ?クマのタイプ別仕分け方法

では、《クマ仕分け》のコーナーに突入です!ここからは、鏡をみながらやってみてくださいね♪ご自身の飼っているクマさんの種類は何クマなのかセルフチェックをお願いします☆

 

クマ仕分け

 

青クマさん

あっかんべーのように指で下にクマを引っ張ってみるとクマが薄くなる方

 

黒クマさん

上を向く(アゴを上げる)とクマが薄くなる方

 

茶クマさん

上の2つを試しても何も変わらない方

 

ご自身のクマは何タイプなのか?もうお分かりいただけましたでしょうか?私をはじめ、クマはコンシーラーで隠すしか無いと思っていた方は是非、希望を持っていきましょう!

 

美肌への道は、険しく努力も根気も必要ですが、毎日自分の顔を見るのが楽しみになるように、しっかりと正しいエイジングケアをしていきたいものです。

 

そこで、次回はクマ退治「目の下のクマ・くすみ解消ケア」に出かけたいと思いますが、その前に・・・。

間違ったくすみ・クマの知識はここでリセット

最近では様々な美白・アンチエイジング化粧品が発売されていますが、全てを信じてしまうのも怖い事です。

 

くすみやクマは、加齢に伴う肌老化によっておきる症状ですが、先にもお話したようにそれぞれの原因は異なります。

 

ということはですよ、両方をひとまとめにして《どちらにも効果があります!》って化粧品は・・・ちょ〜っと嘘くさいかな?ということなんです。

 

なのでそれぞれにケアをする必要がありますので、全てを鵜呑みにすることがないようお気をつけ下さいまし。

 

しかし、様々な肌の悩みに効果的な美容液、ないわけではありません☆私も大好き【ビタミンC誘導体】です!あらゆる肌トラブルに、必ず出てくる有効成分ですので是非覚えておいて下さい☆

 

因みに、以前紹介したページ[化粧水の選び方]に《ビタミンC誘導体》について詳しくありますので、ご参考になさってみて下さいね。

 

次回は、くすみとクマ退治に出陣です♪