唇の縦ジワ・乾燥にお悩みなら、自宅でできる簡単唇パックが効果的

乾燥した唇にはリップパックで応急処置!

乾燥する季節や環境、肌質によっては1年中悩まされるのが「唇の荒れ」に関するトラブル。

 

私は1年中リップが手放せず、そのリップクリームすらも合う合わないがあるので気に入ったリップクリームは在庫切れになるのが怖いのでw買いだめしています。

 

普段使うバッグそれぞれに必ず1個づつ入れておき、バッグを変えてもリップクリームだけは欠かさない徹底ぶりです。

 

というのも、本当に唇が乾燥しやすく、日に何回もリップクリームを塗らないとスグ痛くなってしまうんです。なので、私はもうかれこれ何年も「口紅」を塗っていません。口紅はどうやら肌似合わないようで、数時間で荒れてしまうんです。

 

そこで今回は、白ひじきが実践している「唇パック」をご紹介したいと思います。お家にあるものでも簡単に出来ますので是非お試し下さい♪

お家で簡単☆リップパックの仕方

準備するもの
  • ワセリン
  • はちみつ
  • ラップ(口より少し大きめにカットした物)

 

たった、これだけになります。ワセリンはドラッグストアーなどで結構お安く手に入ります。

 

はちみつも高価なものでなくても大丈夫ですが、はちみつ配合ではなく、純度100%のものを用意するのが望ましいです♪唇用に小瓶に移し替えて用意しておくのも可愛いですから、いいかもしれませんね☆

 

ラップなんですが、食品保存用のものでも、リップパック専用のものでも大丈夫ですが、両方使ってみた感想としては、薄くて柔らかい食品用ラップが私は好きです♪

 

何というか、薄いので唇にいい感じにフィットするんです。リップパック専用のフィルムはちょっと厚めで硬いのか、唇の端っこまでは包込めず「おしい!」という印象です。ですが、どちらでもご自身のお好みの方で構いません。

 

やりやすい物を使うのが一番だと思います♪

 

唇パックの手順

 

時間に余裕のある方は、ステップ1の前に、蒸しタオルなどを用意して2〜3分程度、唇を温めると更に効果的です☆

 

ステップ1 : パック剤をつくる

 

ワセリン:はちみつ(1:1)の割合で混ぜる。

 

唇に直接塗りながら混ぜても構いませんし、一旦少量を器や手に取って混ぜて頂いても結構です☆

 

ステップ2 : パック剤は厚めに塗る

 

唇との境目にオーバーしても問題ありません。カサついている所は覆ってあげて下さい。

 

痒みや違和感を感じた方は無理せず中断して下さいね。

 

ステップ3 : そのまま唇をラップで覆い5分〜10分放置

 

ラップは口のところに呼吸用の穴を開けてもいいですが、上手くあけないとそこからラップが避けやすくなります。

 

あくまでも覆うのは唇ですので、呼吸できませーん!という事にならないようにご注意を!

 

ステップ4 : ラップを外す

 

唇がカサカサしていた場合は、ここで皮がふやけてきますので、そっと取り除いてあげて下さい。

 

無理に皮を剥がすことの無いように、剥けない場合は、注意しながら小さいお手入れ用のハサミで切ってあげて下さい。ハサミで怪我の無いようにご注意下さい!

 

最後は、ベタつきを軽く拭き取る程度で完了です♪

 

ワセリン以外の方法は!?

 

ワセリンの代わりに【オリーブオイル】を使っても構いませんぜ!!でも、なるべく良い物をお使いすることをおすすめします。

 

安い物は凄くニオイがして、10分も耐えられませんからぁぁぁ。

 

オリーブオイルを使用したリップパックは
  1. はじめに蒸しタオルで2,3分程度唇を温めます
  2. オリーブオイルを唇に塗る。
  3. その上からはちみつを唇に。
  4. ラップをかぶせて5分〜10分放置

最後に浮いた皮を取り除いて、軽く拭き取ればOKです。

 

是非、お好きな方で試してみてください。

 

はちみつの甘い香りが何とも言えない心地よさですのでリラックスしながら行ってみてくださいね☆