レチノイン酸でシミ・シワ・黒クマを目立たなくするスキンケア法

レチノイン酸とは

歳を重ねると気になってくるお肌の老化現象の代表として、「シミ」「シワ」「くすみ」「黒クマ(目の下のたるみによる影)」「毛穴の開き(たるみ毛穴)」がありますが、

 

この中で一つでも当てはまる方に是非ご参考にしていただきたいのが、今回ご紹介する【レチノイン酸】という成分。

 

聞きなれない方もいらっしゃるかと思いますが、このレチノイン酸がどんな成分でどんな役割を果たしてくれるのか、そしてその使用方法などについてご紹介してきたいと思います☆

 

レチノイン酸の効果について

 

まず、冒頭でもお伝えしたように、レチノイン酸は下記の様なお悩みをお持ちの方におすすめです♪

 

《対象になる肌のお悩み》加齢に伴う年齢肌のお悩み
  • シミ
  • シワ
  • くすみ
  • たるみ(毛穴や目の下の黒クマ)など

 

この様なお悩みをお持ちの方は、レチノイン酸の効果を是非試してみることをおすすめします。

 

《レチノイン酸とは?》ビタミンAの一種♪

市販の化粧品に配合されている「レチノール」と同じ成分ですが、ここでご紹介する「レチノイン酸」は、医薬品を指します。

 

医薬品ですので、化粧品に比べ、より高い効果が実感できます。通常は主にクリームなどに混ぜて使用する事が多い。

 

また、皮膚がデリケートな目元、口元にも適しています☆

 

《レチノイン酸の効果》

加齢に伴い滞りがちな肌のターンオーバーの働きを活発にする効果があり、シミやくすみを薄くする効果が期待できます。

 

また、コラーゲンの再生も高めてくれるので、肌にハリや弾力が出て小ジワも目立たなくなる効果があります。

 

肌に弾力が出て、ハリツヤが良くなるということは、ハリや弾力不足が原因の毛穴のたるみや、目の下に黒い陰を落とす黒クマにも効果的な成分とされています。

 

とにかくアンチエイジングには効果的な強い味方なんです!何だか凄い成分ということはご理解いただけましたでしょうか。しかし注意点もあります。

 

レチノイン酸は医薬品のため、お医者さんの処方が必要になります。

 

効果の表れとして、初期段階はカサつきを感じる場合がありますので、敏感肌の方は肌に刺激を与えてしまう場合があるということで、特にお医者さまと良く話し合ってみることをおすすめします。

 

レチノイン酸の価格

 

医療機関によって異なりますが、およそ3,000円〜5,000円くらいと言われます。ひぃぃぃー結構しますね。

 

使用方法について

 

ここでは、一般的に多い例をとってご紹介します。それぞれの肌質や改善目的などによってお医者様の指示に従ってお使い下さい☆

 

例・小ジワの場合

 

『1日1回を1日置きに1,2ヶ月続ける→2ヶ月のインターバル(お休み)』を1クールとして、数回続けます。※程度や目的によって異なります

 

私は良く、皮膚科でアトピーのお薬を処方して頂きますが、アトピー治療にに似ている部分もありますが、インターバルがあるなんて、とても特徴的な治療法だと思います。肌のサイクルと密接な関係が伺えますね・・。

 

皮膚の専門家である皮膚科で、まさかシミやシワの相談までできるとは、当たり前のようですが意外と知らない方も多いのではないでしょうか。私自身も驚きましたw

 

市販の化粧品の場合は医薬品に比べて、効果は緩やかで比較的トラブルも少ないかと思いますが、やはり肌が弱い方は皮膚科のお医者様にまずご相談されてからのご使用をお勧めします。

 

価格もするので、本当にシミ・シワ・黒クマの悩みで疲れてしまっている人にはレチノイン酸も視野に入れてみてはいかがでしょうか?