肌のハリを失った!シワ・たるみが気になりだしたら進行する前に先手必勝

シワやたるみは初期段階でケアすることが大事

年齢を重ねると気になってくる肌のお悩みとして多い、シワやたるみ。肌も年齢に合わせて老化していくのは当然ですが、日頃のケアで進行が遅らせることができるそうです。

 

そこで今回は、シワの種類や原因、毎日のケアで気をつけたいことなどをご紹介していきたいと思います。

 

【シワの種類】大きく分けると3つ存在します。

  • ちりめんジワ (一時的なシワで、主な原因は乾燥だと言われています)
  • 表情ジワ (一時的なシワで、笑った時など表情の変化で現れる)
  • 真皮シワ(普通の表情で常に現れた状態のシワ)

 

この3つのシワで、1番厄介なのが、3つ目の《真皮シワ》。これが進行すると、たるみの原因にもなってきます。

 

真皮シワの原因とは

真皮シワは皮膚のコラーゲンの弾力が現象することで起こります。元をたどれば<紫外線>が肌の老化の大きな原因なんです。

 

  • 紫外線によって肌のコラーゲン繊維は硬く変質されてしまう。
  •  (紫外線UVA・UVBによって、肌細胞に傷がつく)

  • コラーゲンの分解酵素に作用しコラーゲンの減少が生じる。
  • 年齢と共にコラーゲンの生成も少なくなっていく。
  •  (加齢に伴って肌のターンオーバーが低下していく)

 

更に更に、人間誰しも生きていれば、多かれ少なかれ日頃の悩みやストレスも抱えています。すると、そのストレス等によって肌に悪影響な《活性酸素》が現れて、コラーゲンをいじめて傷つけてしまうんです。それでなくても少なくなってきている貴重なコラーゲン達を・・・ヒドイ・・・。

 

結果、ベッドでいうところのスプリングの役割を果たしていたコラーゲンが減少してしまうこと。そして代謝の落ち肌表面には、厚くなった古い角質層が重くのしかかり、肌表面を支えきれずに落ち込んでシワになってしまうんです。

 

肌の土台であるコラーゲン繊維自体も、紫外線や加齢によって、硬くなり弾力を失っていますので、コラーゲン繊維同士を繋いでいる繊維も切れやすいもろい状態。

 

土台を壊してしまうと、お肌のシワは底なし沼状態で、深く、深く落ち込んで、私白ひじきも「もー。どーでもいい・・」となってしまいかねないのです。

 

何だか湿っぽくなってしまって申し訳ありません。シワ!たるみ!許すものか!ということで、シワ、たるみに効果的なアンチエイジングケアを一刻も早くおすすめします!まだ気にならない方でも予防になりますので是非おすすめしたいです。

《シワ・たるみ治りやすいパーツランキング》またしてもマニアックなランキングw

因みにですが、お顔の中で、シワ・たるみが治しやすいパーツ、治しにくいパーツがあるのはご存知でしたか?なんとなーくピンと来ませんか?では、ランキングにしてご紹介してみますね☆

 

1位【頬・あご】

 

比較的お顔の中で脂肪が多いため、シワよりもたるみが出やすい

 

2位 【目元】

 

ちりめんジワは良く見られますが一時的なもの。保湿で治らない場合はシワが深い証拠

 

3位 【眉間】

 

眉間のシワは表情ジワの中でもちょっと治りにくい。美容外科でボツリヌス菌の注射が効果的
 (注射をすると表情が変わらなくなってしまうと聞いたことがありますので注意です)

 

最下位【口元】

 

あのほうれい線ですよ。ほうれい線は表情ジワでは無いので、治しにくいんです。
 (深刻な方はヒアルロン酸やコラーゲン注射される方が多いです)

 

さて、口にだすのも嫌なシワ・たるみ。その種類や出来る原因などについてご紹介してきましてので、次回はシワ・たるみの正しいケアの仕方についてお話していきたいと思います。

 

合わせて、間違ったケアなどもご紹介していきます。早急にアップいたしますので少々お待ちくださいませ☆

 

そして、今回ちょっとだけ話に出てきました「アンチエイジング化粧品」ですが、部分的に使うクリームなどの選び方を以前紹介しておりますので、こちらも合わせてご参考にどうぞ♪

 

     ↓

 

スペシャルケア(クリーム・パック)などの選び方