肌のうるおい不足や乾燥を感じたならセラミドが最も効果的

まずは肌の仕組みを知ろう

乾燥肌が気になる方や、敏感肌、年々肌のハリが失われてきたな?と感じたら、肌に必要な成分《セラミド》が大きな役割を果たしてくれます。

 

このセラミドという成分。多くの方が耳にされた事があるかと思いますが、肌にとって一体どんな効果があるのかは詳しくわからなかったりすると思います。

 

今回はそんなスーパー美容成分の《セラミド》についてのお話しです。セラミドが私達の肌にどのように良い作用をもたらしてくれるのか必見です☆

 

人間の肌(角質層)について

 

角質層

 

角質層というのは肌表面付近に存在する層です。外の刺激から肌を守り、水分の蒸発を防ぐバリア的役割を果たすと言われています。

 

角質層には、セラミドなどを含む30%位の水分が含まれています。この30%という割合を下回ると、いわゆる乾燥肌ということになってしまうんです。

 

健康な肌と乾燥肌の違い

 

健康な肌とは、セラミドや水分が常に保たれている状態で、肌のターンオーバーが正常に行われているのでキメが整った肌の状態となります。

 

では、乾燥肌はというと、セラミドや水分が30%以下となってしまい、常に水分が足りなく肌表面がカサついている状態となります。また、ターンオーバーも滞りがちになってしまいます。

 

乾燥肌が敏感肌を招く原因

乾燥肌は肌表面だけでなく、肌内部の水分量などが低下している事がわかります。

 

そして健康な肌に比べてバリア機能も低下しやすく、紫外線などから肌を守るために肌表面の角質を補おうとしますが、成長が追いつかずに、まだ未発達な角質細胞が肌表面に出てきてしまいます。

 

完全な状態じゃない細胞なので、バリア機能も不十分で、結果、刺激に弱い敏感肌の様な状態になっていってしまうわけです

 

敏感肌

 

敏感肌は、乾燥などが原因で、肌のターンオーバーが上手くいかず、成長しきれていない角質細胞が肌表面に出てくることで、バリア機能が低くなります。

 

外部からの刺激にとても敏感で、化粧水がしみたり、紫外線にさらされると赤く腫れてしまうなどの症状が出やすいわけです。

 

そこで、乾燥肌や敏感肌に頼りになってくるのが《セラミド》という成分となります。最も効果的にセラミドを補うには、日頃のスキンケア(化粧水)などの成分にセラミドが配合されているものを使用することです。

セラミドってどんなもの?

脂質の一種でもある「セラミド」は水分と結合しやすい他、肌の内部に水分を閉じ込めてくれる素晴らしい働きをもっています。最も高い保湿成分と言われています♪

 

人は歳を重ねるにつれ、年々、この「セラミド」が不足することによって、《シミ・シワ・たるみ》などの肌老化や《大人ニキビ・乾燥》などの肌トラブルも起きやすくなります。

 

そこで足りなくなった「セラミド」を補給してあげることで、肌の水分量が保たれ、肌表面のバリア機能の低下も防ぐ事ができます。

 

何よりもまずは《セラミド》が美肌の救世主になってくれることは間違いないと覚えておいて損は無いでしょう☆

 

セラミド配合のスキンケア用品の選び方

 

中でも「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」のいずれかの表示があるスキンケア用品がおすすめです。

 

比較的価格はお高めですが、安いものは効果があまり期待できなかったりしますので3、4千円以上のものを目安に購入されると良いかもしれませんね。

 

その他、セラミドやセラミド類似物質について詳しくご紹介しているページ(正しい美容液の選び方)がありますので、合わせてご覧頂くとよりご理解いただけると思います♪セラミドって凄いです。