お肌に関する用語、スキンケア用語、美容成分を50音順でご紹介。

お肌に関する用語集です

あ・か・さ・た・な・は・ま・や・ら・わの五十音順に、お肌に関してのスキンケア用語や美容用語、美容成分などを用語集としてまとめてみました。

 

全てを網羅できているわけではありませんが、ある程度まとめられていると思うので、分からない用語が出てきたりしたら参考にしてみてください。

お肌に関する用語辞典記事一覧

お肌に関する用語辞典 あ行【あ〜お】

赤ら顔(あからがお)顔(表皮)の毛細血管が拡張することで表面が赤くみえる。(または脂漏性湿疹の場合は、自分の皮脂で炎症を起こしてしまっている。その他の原因もあります)アクネ菌(あくねきん)ニキビの原因菌と言われる。しかし、毛穴の常在菌で、他の最近の侵入を防ぐ役割もある良い所もあります。アトピー性皮膚...

≫続きを読む

お肌に関する用語辞典 か行【か〜こ】

界面活性剤(かいめんかっせいざい)主な働きは、普通なら反発しあう水と油などを混ぜあわせたり、汚れを落とす効果をもっている成分。(洗剤やクレンジング剤、リキッド系のファンデーションなど水に近ければ近いほど多く含まれ肌へのダメージは大きくなる)角化(かくか)皮膚の細胞の大部分を占める角化細胞(ケラチノサ...

≫続きを読む

お肌に関する用語辞典 さ行【さ〜そ】

座瘡(ざそう)ニキビのこと。ストレスやホルモンバランスの乱れ、皮脂の過剰分泌などによって起こる毛穴の炎症の事。毛穴の常在菌(アクネ菌)が皮脂を栄養源として増えることで悪化する。サプリメント(さぶりめんと)栄養補助食品。日常の食生活で不足した栄養素を補うもの(粉末、カプセル、錠剤などが一般的な形状)サ...

≫続きを読む

お肌に関する用語辞典 た行【た〜と】

ターンオーバー(たーんおーばー)肌表面(表皮)が生まれ変わること。基底層でうまれた表皮細胞は約28日の周期で角質細胞に変化します。その後、垢など古い角質として剥がれ落ちるまでの流れ(サイクル)の事。たるみ弾力やハリが失われた肌が、重力に従い下に垂れ下がる事。(たるみの原因は加齢の他に、乾燥や紫外線な...

≫続きを読む

お肌に関する用語辞典 な行【な〜の】

ナイアシン(ないあしん)糖質・脂質・タンパク質の代謝に必要なビタミン。ビタミンB3やニコチン酸とも言う。コラーゲンの合成を高めたり、ニキビにも有効な肌の健康には欠かせない水溶性の成分。

≫続きを読む

お肌に関する用語辞典 は行【は〜ほ】

ハーブティー(はーぶてぃー)ハーブを乾燥させて煮だして飲用にした物で、ハーブの種類によって様々な効能、作用がある。カフェインを含まないのも特徴。 ハイドロキノン(はいどろきのん)シミの治療に主に使用される薬品。メラニン色素をつくるチロシナーゼ酵素の働きを抑えるなど強い美白作用を持つ。(化粧水などにも...

≫続きを読む

お肌に関する用語辞典 ま行【ま〜も】/や行【や・ゆ・よ】

【ま】今のところ「ま」に関する用語が見つからないので、見つけ次第、追加いたします。【み】ミネラル(みねらる)体の調子を整えたり、骨などの組織をつくる元素。(カルシウム・鉄・ナトリウムなど)人の体の中ではつくれないミネラルは食事などで摂取する必要がある。【む】無添加化粧品(むてんかけしょうひん)一般的...

≫続きを読む

お肌に関する用語辞典 ら行【ら〜ろ】・わ行【わ・を・ん】

【ら】卵胞ホルモン(らんぽうほるもん)生理後から排卵前まで分泌が高まる女性ホルモンでエストロゲンとも言う。女性らしい体づくりや肌の保湿、弾力などを与え皮膚の新陳代謝も高める。(大豆イソフラボンが卵胞ホルモンに非常に似た効果を持っている)【り】リキッドファンデーション(りきっどふぁんでーしょん)液状の...

≫続きを読む

お肌に関する用語辞典 【A〜Z】

【A】AHA(エーエイチエ−)アルファヒドロキシ酸のこと。ピーリング剤として使われる薬剤で、ふき取り化粧水や、石鹸、パック用品など様々なものに配合されています。(グリコール酸、フルーツ酸、乳酸など)【B】BHA(ビーエイチエー)βハイドロキシ酸の略でサリチル酸のこと。主にケミカルピーリングに使用され...

≫続きを読む