【ま行】/【や行】からはじまるスキンケア用語や美容成分とその意味をご紹介

ま行【ま〜も】

【ま】

 

今のところ「ま」に関する用語が見つからないので、見つけ次第、追加いたします。

 

【み】

 

ミネラル(みねらる)

 

体の調子を整えたり、骨などの組織をつくる元素。(カルシウム・鉄・ナトリウムなど)人の体の中ではつくれないミネラルは食事などで摂取する必要がある。

 

【む】

 

無添加化粧品(むてんかけしょうひん)

 

一般的にアレルギーなどをおこしたり、発がん性の物質を含まないもので、日本の法律的にはこれといった規定は無い。

 

【め】

 

メラニン色素(めらにんしきそ)

 

真皮以下に紫外線に届かない様に吸収する役割。メラノサイトで作られる。

 

メラノサイト(めらのさいと)

 

メラニン色素をつくり出す色素細胞。基底層にあり、主に紫外線などの刺激に反応して働き出す。

 

面疱(めんぽう)

 

コメドとも言う。ニキビのできはじめ(毛穴に皮脂が詰まった状態で、黒ニキビや白ニキビがある)

 

【も】

 

毛嚢炎(もうのうえん)

 

毛穴の奥にある、毛根を包んでいる部分にブドウ球菌が感染して起こる毛穴の炎症。

 

毛包(もうほう)

 

毛穴の事。肌表面にある、皮脂や体毛の出口。

 

毛母細胞(もうぼさいぼう)

 

細胞分裂を繰り返し、毛を作っている。毛根の根元、毛乳頭のまわりにある。

や行【や・ゆ・よ】

【や】

 

今のところ「や」に関する用語が見つからないので、見つけ次第、追加いたします。

 

【ゆ】

 

遊離脂肪酸(ゆうりしぼうさん)

 

細胞内の中性脂肪が分解され血液中に放出されたもの。体内のそれぞれの組織でエネルギーとして利用される。

 

油溶性甘草エキス(ゆようせいかんぞうえきす)

 

美白成分で、化粧品に含まれる。甘草という植物のエキス。メラニンの生成を促すチロシナーゼの抑制、紫外線吸収作用や消炎効果もある。

 

【よ】

 

葉酸(ようさん)

 

ビタミンB群のひとつ。細胞の生成を助けたり、貧血や動脈効果の予防に効果的。(ほうれん草、プロッコリー、グレープフルーツなどが有名)

関連ページ

あ行【あ〜お】
ここでは《あ行》あ〜おから始まる、お肌に関する専門用語の意味などについて簡単に説明しています。
か行【か〜こ】
か行(か〜こ)からはじまる、美容に関する専門用語などの意味を集めました。
さ行【さ〜そ】
さ行(さ〜そ)から始まる美容関係の用語などの意味を辞典形式でご案内しています。
た行【た〜と】
た行(た〜と)から始まる美容関係の用語などの意味を辞典形式でご案内しています。
な行【な〜の】
【な行(な〜の)】から始まる美容関係の用語などの意味を辞典形式でご案内しています。
は行【は〜ほ】
は行(は〜ほ)から始まる美容関係の用語などの意味を辞典形式でご案内しています。
ら行【ら〜ろ】&わ行【わ・を・ん】
ら行(ら〜ろ)・わ行(わ・を・ん)から始まる美容関係の用語などの意味を辞典形式でご案内しています。
アルファベット【A〜Z】
アルファベットで始まる美容関係の用語などの意味を辞典形式でご案内しています。