毛穴の黒ずみや乾燥・オイリー毛穴の原因は皮脂分泌が大きく影響している

毛穴トラブルが違うのに共通の原因があるのは、ご存知でしたでしょうか?

毛穴トラブルは様々ですが、今回は皮脂が大きく関係している毛穴のトラブルとして「毛穴の黒ずみ」「乾燥毛穴」「オイリー毛穴」の原因やトラブルのメカニズムについてお話していきたいと思います。

 

毛穴の黒ずみやオイリー毛穴はともかく、乾燥毛穴も皮脂が原因なの?と以外に思われた方もいらっしゃると思いますが、皮脂がどう影響しているのか簡単に説明していきたいと思います。

 

この中のどれか1つの毛穴トラブルでお悩みの方は是非今後のケアにも十分に関係してきますので頭の片隅に入れておいて下さいね♪

 

皮脂が関わる毛穴のトラブル

 

皮脂が要因となって引き起こされる毛穴タイプ
  • 毛穴の黒ずみ
  • オイリー毛穴
  • 乾燥毛穴

 

皮脂の多いパーツについて

 

人間の体の中で、皮脂の多い部分は顔やデコルテ、背中の上部と言われ、皮脂を活発に分泌する特別な毛穴が存在している部分でもあります。よってニキビができやすい部分と言っても良いかも知れませんね。

 

体の他の部分に比べて、毛穴の大きさも違う事がお分かりいただけると思います。顔の毛穴と手足の毛穴、どちらが目立ちますか?皮脂を出すことを目的とした顔の毛穴の方が気になるかと思います。

 

毛の生える穴というよりも、皮脂を出す穴として考えたほうがシックリくる気がしますね。

毛穴と皮脂の関係

手足に比べて皮脂を多く出す分、ベタ付きやすく当然皮脂トラブルも多くなります。

 

皮脂が詰まった毛穴では、皮脂の酸化によって黒ずみが生じたり、沢山の皮脂が出てくることで毛穴が開いて目立って見えるのも頷けますね。

 

イマイチ腑に落ちないのは乾燥毛穴と皮脂の関係ではないでしょうか。毛穴の中の構造や皮脂の分泌による毛穴トラブルのメカニズムなどを知ることが必要ですね。

 

毛穴トラブルのメカニズム

 

目に見える毛穴のその皮膚の中はどうなっているのでしょうか。ちょっとお勉強です☆

 

毛穴の形

 

三角フラスコを思い浮かべて下さい。口の小ささの割に、容量あリますよね。毛穴も表面に見える大きさ以上に中は大きく出来ているんです。

 

皮脂が毛穴に詰まると角栓に

 

中は大きく出来ている毛穴ですので、出口である毛穴が何らかの原因(古い角質や汚れなど)でふさがってしまうと、行き場を無くした皮脂たちは毛穴の中で溜まっていきます。

 

古い角質やメイク汚れなどと皮脂が毛穴の中で混ざり合うと、サラサラだった皮脂は「ドロドロ」に、やがて硬くなっていきます。

 

      ↓

 

古い角質や汚れなどと皮脂が混ざり合って誕生するのが【角栓】です。

 

      ↓

 

角栓はその名の通り、毛穴に詰まる【栓】になってしまいます。

 

乾燥毛穴

 

毛穴にフタをされた状態なので、皮脂が毛穴から出てくることが出来ません。

 

コレが【乾燥毛穴】に繋がりますね。

 

毛穴の黒ずみ

 

角栓が肌の表面に(毛穴から)お顔を出します、そうすると角栓は乾燥して硬くなります。

 

コレが酸化して黒くなると【毛穴の黒ずみ】に繋がります。

 

オイリー毛穴

 

オイリー毛穴の場合、原因が皮脂にあることは想像できますが、多く出てしまう皮脂を取り過ぎる事によって、肌が乾燥していると誤解します。

 

すると、乾燥を防ごうと更に皮脂の分泌が増加して悪循環になってしまうということです。良かれと思って行っていた洗顔や皮脂の取り過ぎによって以外な結末が待っていたんですね。

 

皮脂にまつわる共通の毛穴トラブルに関してはお分かりいただけましたでしょうか。

 

角栓という新しいゆるキャラまで誕生してしまいました。毛穴の中でこんな事が起きていたんですね。

最後に角栓について

この角栓なんですが、毛穴パックなどで引っこ抜いてしまおう!なんて動きもありますが、お肌のことを考えてみれば、作る前の予防が大事なんです!

 

大きくなった角栓で毛穴を広げて(大きくして)しまう可能性もありますので、毛穴撲滅を目指す白ひじきとしても、何とか防ぎたいところです。

 

角栓のもととなる古くなった角質や、皮脂は止めることは出来ませんし、肌のターンオーバーも加齢にともなってサイクルが遅くなっていきます。

 

角栓をつくらない様に意識しながら日頃のお手入れを心がける事が大事なんです。出来てしまってからでは遅いのでね。

 

角栓のもとをなるべく肌表面にため込まない。余分な皮脂のケアも大切になってきます。毎日の積み重ねが大きく関わってくることはご理解頂けましたでしょうか☆

 

ゴシゴシ洗顔もシワやたるみの原因になりますのでお気をつけてくださいまし。