黒ずみ毛穴の原因とは?角栓の取り除き方と正しい毛穴ケア

黒ずみ毛穴の原因と対策・ケアについて

前々回の記事(毛穴タイプチェック表)で分類した毛穴タイプの中から、今回は《毛穴の黒ずみ》について詳しくご紹介していきます。

 

毛穴の黒ずみの原因やその対策方法、黒ずみ毛穴にならないための予防法や毎日のケアについてもお話していきます。

 

毛穴の黒ずみの原因とは?

 

黒ずみ毛穴でお困りの場合、最も多くそのトラブルがみられるのは「鼻・小鼻」ではないでしょうか?そもそもの原因は過剰に分泌された皮脂。

 

この余分な皮脂は毛穴の中にたまり毛穴の外(肌表面)へも溢れだして来ます。・・・テカリの原因に!!そして、肌表面にあるメイク汚れや古い角質と融合します。

 

お肌の表面なら洗顔で落とせますが、なんとこの汚れや角質が毛穴に入ってしまう場合があるんです。ミクロな世界の出来事なので、目でみることも出来ませんし、毛穴の中に汚れが侵入しないように見張るわけにもいきません・・・。

 

偶然毛穴に落ちて行った汚れや角質は皮脂と混ざり合います。皮脂はもともとサラっとした状態なんですが、汚れや角質と混ざることで「ドロドロ」になっていきます。

 

ドロドロ皮脂さんは、サラサラだった頃のようには容易に毛穴から出て行くことが困難になります。それに加えて毛穴の構造にも問題あり。

 

毛穴の構造って

 

毛穴の中は、私達が目で見えている毛穴の大きさ以上に、大きさの洞窟があると思って下さい。例えて言うなら三角フラスコがわかりやすいですかね??

 

毛穴がドロドロ皮脂で詰まった状態を、フラスコの中にぎゅうぎゅうに紙ねんどを詰めた状態と置き換えれば、どう考えても取り出しにくくありませんか?

 

毛穴は1つじゃありませんし、それぞれでそんなことが起きていたとすればゾッとしますよね・・・。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 

更に悪化すると・・・

 

毛穴の中のドロドロ皮脂さんは、毛穴(肌表面)から外気に触れたりして乾燥していきます。取り出しにくい汚れな上に乾燥してしまうんです。

 

先ほどの三角フラスコの例えで言うと、中の紙ねんどが固まってしまったら・・・もう取り出すことが不可能に近いですよね。

 

この状態になったドロドロ皮脂さんは、もはやカチカチ皮脂さんに進化を遂げました。カチカチになった毛穴に詰まった皮脂汚れ→『角栓』と言います。

 

角栓レシピ

 

その名の通り、毛穴に栓(フタ)をしてしまうんです。何でしょうこのシステム・・。

 

すると、角栓は表面が酸化していき、やがて黒ずんでいき【毛穴の黒ずみ】の完成となります。

 

コレが黒ずみ毛穴のいわば生い立ちのようなものなんです。

黒ずみ毛穴の対処法

これはNGですぜ

 

じゃあ角栓を引っこ抜きゃ〜いいんでしょ的な発想、一般的にいう《毛穴パック》なんですが、あまりおすすめは出来ません。

 

人間の肌のメカニズムは、思っている以上に薄くデリケートなので、バリっとはがすと同時に毛穴周辺の肌の角質まで傷めてしまう可能性が大きいです。

 

私も実際使用したことがありますが、顔の皮が剥けてしまい怪我をした苦い経験があり、痛い思いをしました・・・なので、生れつき肌の弱い方は特に注意が必要です。

 

小さな穴から無理やり引っこ抜くなんて、毛穴も広がってしまう恐れもありますので、あまり手荒なやり方はトラブルを悪化させますので避けた法が無難ですぜ!

 

では、どうしたらいいのですかぁ親ビン。

 

理想的なケアは温める&冷やす

 

お風呂で行うのが理想的です。

 

角栓の除去の仕方

STEP1. 毛穴を自然に開かせるため、温める

 

お風呂に浸かると湯気などでも自然と毛穴は開いてきます。

 

STEP2. 気になる部分を指の腹で擦る。

 

角栓がポロポロと取れてきますが、無理に擦って取ろうとしない。

 

頑固な場合は、蒸しタオルをあて軽く擦る。←やり過ぎないようにご注意を&全部は取れません。

 

STEP3. 【重要!】毛穴が開いている状態なのでしっかり保湿する!

 

お風呂に入る前に化粧水を冷蔵庫で冷やしておくのが良いですね☆

 

ポイントは、無理にごシゴシしない事と、しっかり保湿して毛穴を引き締めてあげることです。

 

角栓や黒ずみの予防として

せっかく毛穴を綺麗に出来たなら、もう角栓も黒ずみも作りたくないですよね!その為に毎日のお手入れで気をつけたいのは《洗顔方法》です。

 

余分な皮脂だけを取り除きたいので、過剰に皮脂を洗い流してしまうのはまた新たなトラブルに繋がります。皮脂が多めで気になる場合は、浴用の固形石鹸が肌に優しく洗浄力もちょうどいいんです。(朝、晩行う)

 

もちろんメイク汚れを落とした後にも、クレンジング剤に含まれる余分な油などが肌に残っている場合がありますので、石けんで優しく洗顔して下さい。

 

洗顔の順番は《Tゾーン→Uゾーン→目や口元》

 

ゴシゴシこすらず、TゾーンやUゾーンは指の腹でクルクル優しく円を描くように。目元、口元は弱い部分なので最後にサッとで構いません☆

 

最後に泡をキレイに洗い流して、肌を触って『キュッ』とする感じがすれば汚れはおちていますので、お風呂あがりにタップリと保湿などのスキンケアを行って下さい。

 

意外と思われるかもしれませんが、石けんの洗いあがりは、肌がつっぱるくらいが理想的なんです♪

 

洗いあがりのしっとりする洗顔料は、余分な油分が混ざっていて、その後のスキンケアの邪魔をする場合があるのでご注意下さい。

 

黒ずみ毛穴をスッキリ解消したら予防も頑張っていきましょうね☆