毛穴の開きが気になりだした方へ、加齢に伴うたるみ毛穴ケアについて

たるみ毛穴の原因とは?

そもそも、毛穴がたるむとはどういう状態なんでしょう?

 

私達の目に見えている肌の表面(表皮)は、肌の内部にあるクッションの役割をする真皮が土台となって支えているようなもの。ベッドでいうところの、真皮はマットレスで表皮はシーツとでも言いますか。

 

マットレスのスプリングの役割をしている『コラーゲンやエラスチン』が弾力を失うことで、シーツである表皮を支えられず、くぼみができてしまうんですね。このくぼみがたるみやたるみ毛穴の原因です。

 

20代後半から始まるたるみ

 

人は年齢を重ねるにつれて、再生など肌の様々な機能が低下していきます。年々衰えていく肌の働きに応じて、化粧品などのスキンケア用品で補っていく必要があります。ずっと同じスキンケアでは限界があるんですね。

 

真皮のクッション機能が衰えた状態に、更に追い打ちを掛ける重力や筋力の低下で、下へ下へと下がっていきます(毛穴だけでは無く、胸やお尻も下がっていきますよね)。

 

早い話がお顔にも同じ様なことが起きています。また、急激な体重の減少によっても、毛穴が目立ちやすくなる原因と言われています。

たるみ毛穴改善方法について

加齢は止めることが出来ません。でも、努力次第で肌の弾力を蘇らせ、進行を遅らせる事はできるようになります。

 

肌の奥の真皮部分に働きかける

 

化粧水や美容液でエイジングケア

 

毎日の積み重ねが未来の肌を左右します。正しいスキンケアでコツコツ努力☆肌の働きが低下しているので、肌内部の肌細胞の働きを活発にさせる有効成分『ビタミンC誘導体・セラミド・ヒアルロン酸』がおすすめです!

 

肌細胞の再生は睡眠にあり

 

就寝時間や睡眠の質も大いに関係してきます。理想は午後10時〜午前2時までの4時間は、睡眠状態でいるとベストですが、なかなか忙しくて難しい場合は、最低でも夜中の12時半がタイムリミットとして、なるべく早く就寝を心がけて下さい☆

 

間違ったケア方法

 

注意が必要なのは、リンパマッサージと称して、自分で行う顔のセルフマッサージや指圧と言われています。それでは、なぜいけないのでしょうか?

 

それは、私達が知識がない上に、力任せにゴリゴリすると、皮膚が伸びたり、皮下組織を破壊してしまう恐れがあるからだそうです。

 

エステサロンなど専門のところにお願いするか、美顔器、ツボ押しをおすすめします☆

 

因みに、私も某オネエ芸能人が公共の電波を使って、顔のグリグリマッサージをおすすめしていたのを鵜呑みにして、痛いくらいにゴリゴリやっていましたね・・・。

 

コレは素人が真似すると後で痛いしっぺ返しをくらいます。確かに痛気持ちいいんですがやめましたw

毎日のスキンケア方法

たるみ毛穴改善に向けて心がけたいポイントをご紹介したいと思います。

 

真皮に働きかける美容成分でスキンケア

 

セラミド・ビタミンC誘導体・ヒアルロン酸でしっかり保水&保湿を行う(また、レチノールはたるみ解消に効果的と言われています)。

 

適度な運動で筋力アップ

 

毎日は無理でもまずは週1回、30分歩く時間をつくるなど適度に運動を取り入れる

 

質の良い睡眠時間

 

お肌のゴールデンタイム(22時〜2時)の間はなるべく睡眠状態に

 

その他、ターンオーバーの遅れを助ける意味でも、週1〜2回の自宅で行なえるピーリング(洗い流すタイプ)も効果的と言われています。

 

たるみ毛穴の原因は、肌の老化に伴ってということもあり、生活習慣の見直しや普段の心がけが重要な気がします。

 

最近では様々なエイジングケア化粧品が出ていますので、本当に助かりますが、それだけでは難しいのがたるみ毛穴。まずは悪化させないことを目標に努力あるのみですね♪私も頑張ります!