メラニン毛穴をご存じですか?夏に向けて気をつけたい毛穴トラブル

メラニン毛穴ってご存知ですか?

毛穴トラブルといえば、何が思い浮かびますか?

 

皮脂や汚れが毛穴に詰まって酸化した黒ずみ毛穴。過剰な皮脂分泌による毛穴の開き(大きく目立つ毛穴)。エイジングに伴い真皮のコラーゲンの減少によるたるみ毛穴などなど、様々ですよね。

 

そこで、今回お話したいのは、毛穴の詰まりなどを放置し、紫外線にさらされる事によって引き起こされるという更なる毛穴トラブル。

 

話を聞いただけでもゾッとします!是非、予防の為にも覚えていって下さいね!

メラニン毛穴と、その原因について

毛穴に皮脂や汚れ、角栓などが詰まった状態で、紫外線対策もせず日に当たることによって引き起こされる毛穴の日焼けのようなもの。

 

毛穴周辺に沢山のメラニンが作られ、やがて黒ずみ毛穴どころではない、毛穴自体が「シミ」のようになってしまいます。

 

メラニン毛穴ができやすい箇所

 

主に黒ずみ毛穴と同じ、鼻や小鼻などにできやすいと言われています。皮脂が多く毛穴に汚れがたまり安い状況にある鼻は、顔の中でも日焼けをしやすい場所でもありますからね☆

 

メラニン毛穴の予防とは

 

毛穴に皮脂や角栓など汚れが詰まった状態にしないことと紫外線対策をすることが重要です。

 

洗顔

 

毎日のスキンケアで大切になってくるのが、朝晩2回の洗顔。ぬるま湯と石けんを使って行うのがベスト。顔に石けんが触れている時間が長くならないように気をつけて(一分間程度を目安に)洗い流す。

 

この時、肌がキュッとするくらいが皮脂汚れが落ちたサインになります。まだ若干ぬるつきやベタつきがある場合は、部分的にもう一度ササッと石けんで洗ってみてください。

 

『敏感肌〜普通肌の場合』は顔用固形石けんを、『毛穴の皮脂や黒ずみが気になる肌の場合』は浴用固形石けんがおすすめです。

 

どちらの場合も、肌に泡が付いている時間はなるべく短くを意識して下さいね♪

 

石けんに含まれる汚れを落とす成分《界面活性剤》は、洗浄力が高ければ高いほど多く含まれていると言われ、メイク落としの際に使用します。オイルクレンジング剤には、特に多くの界面活性剤が使われている場合があります。

 

夜のメイク落としの後にも、是非石けんで顔に残ったクレンジングなどのオイル汚れなども朝と同じ手順で行って頂くと、その後のスキンケアへの悪影響を回避できます☆

 

オイルクレンジングや洗いあがりがしっとり系の洗顔料には油分が含まれており、その後のスキンケアの化粧水などを弾いてしまう傾向があるため、肌への浸透の妨げになってしまう場合があるそうです。

 

保湿

 

洗顔後はしっかり保湿(ビタミンC 誘導体、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などが配合されたものがオススメ♪)

 

例えば、化粧水はビタミンC 誘導体配合のものを、美容液はセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿成分を配合したものを。と言った風に、組み合わせる事でたるみ毛穴などのお悩みの方や、シワなどアンチエイジング効果も期待できます。

 

紫外線対策

 

しっかりと紫外線対策をすること(SPF値の高い日焼け止めは肌への負担も大きいので、普段使いは避けたほうが良いです。SPF値が低くても、メイクの上から重ね付けして簡単にメイク直しもできるルースパウダーやおしろいが肌に優しいのでおすすめです。)

 

 

メラニン毛穴ができてしまったら

美白効果のある成分が配合されたスキンケア用品が効果的です。

 

美白に効果的な成分
  • ビタミンC 誘導体
  • アルブチン
  • ハイドロキノン←特に効果的♪

 

メラニン毛穴は、毛穴にできたシミ(色素沈着)ですので、ハイドロキノンが配合された部分用の美容液(粘度が高いもの)がより効果的だと言われています。

 

メラニン毛穴の気になる部分より少し広めに付けてみてください☆

その他

これらの他にも、美容専門医師や皮膚科医などでも治療が様々受けられますので、自分で判断せずに、まずはお医者さんにかかると安心かも知れません。

 

皮膚科では、アトピーやニキビなどの他にも、シミやシワ、ニキビ跡などの美容的な面での肌にお悩みの方にも治療体制が整っているものです。

 

どんな小さな事でも親身に相談に乗ってくれるかかりつけのお医者さんがあると精神面でも安心できますしね。最近は安全なはずの化粧品でのトラブルも目立つ様な時代です。

 

まずははじめて使う化粧品は、お肌の強い弱いにかかわらずパッチテストを行うようにすると、トラブル回避になりそうですね。今以上のトラブルは抱えたくありませんしねw

 

メラニン毛穴を作らないように、毎日の毛穴ケアをしっかり行いたいものですね☆