更年期の原因や症状、治療法について

更年期について

女性ホルモンのバランスが乱れることで、生理不順や卵巣機能の低下などが起こるというお話しをしてきましたが、女性なら誰しも一番気になるのは《更年期》についてではないでしょうか?

 

私の母は、更年期の時、様々な体の不調に加え、鬱にも悩まされていました。私は、いずれ自分にも訪れる事として母が辛そうにしている姿をみて、自分の将来が不安になったのを覚えています。

 

お母さんのように私にもきっと辛い更年期が待っているんだ・・と思うと怖くて怖くて、なんでこんなものがあるんだと腹ただしくさえ思いました。

 

それと同時に、何かしら手立てはあるはず!と思い少しでも楽しく更年期を過ごすための方法を探していました。

 

気休めかも知れませんが、でも更年期の仕組みを知っているだけで、何か少しでも楽になる方法が見付かるかも知れません。

 

更年期は工夫次第で楽しく乗りきれると思っているのでで、まずは更年期のお勉強をしていきましょう。

 

更年期の原因とは

 

女性のライフサイクルの中の一定の時期、閉経をまたぐ約10年間の事を更年期と言います。更年期障害とは、その時期に起きる様々な障害の事です。

 

卵巣機能が低下してくる40才以降から、女性は閉経を迎えていくと言われていますが、一般的に言われる閉経の時期は50才あたりだと言われています。

 

よって更年期はそれをまたぐ10年間ですので《45才〜55才》が多いと言われています。

 

閉経時期には個人差があるので、誰もが同じではありません。

 

更年期の主な症状や障害とは?

 

自立神経系・・・不眠・のぼせ(ほてり)・冷え・動悸・息切れなど

 

神経系

 

頭痛・めまい・耳鳴りなど

 

メンタル系

 

イライラ・落ち込み・無気力など

 

泌尿器系

 

尿もれ・頻尿・残尿感・排尿時の痛み・慢性的な膀胱炎など

 

生殖器系

 

膣カンジダ・陰部の乾燥など

 

 

肩(首)の凝り・腰痛・関節痛など

 

肌・髪

 

肌老化(シワ・シミ・たるみ)・肌の乾燥・薄毛など

 

主に、上の様な症状が考えられると言われています。全てが起こると言うわけではなく、何かしら目立つ症状が数個重なるといった感じで、私の母は不眠、落ち込み(鬱)、頭痛が主でした。

 

母の友人には、首から上ののぼせや、頭がずっとボーっとしている方も居たそうです。

 

同じ症状でも軽いものから重いものまで人によって様々だと言われます。個人の解釈も様々ですしね。どれが楽で、どれが辛いと言うのは無いのかも知れません。

 

今までとは違った変化が心身に起こっているんです。しんどいのも当然ですよね。

 

特に多くの方にみられる症状

 

更年期の症状として多くの方が悩んでいると聞くのが、冷え・のぼせ・頭痛・肩こりがあります。

 

症状の重さにも個人差があり、症状が重く辛い場合は、お医者さんで様々な治療を受けることによって症状を軽減することが大切です。

 

自立神経を整える【漢方薬・ホルモン薬】を、メンタルなど心理的な症状にはカウンセリングなどもあります。

 

更年期障害の主な治療法

 

一般的に以下のような治療法があります。

  • 漢方を使った治療法
  • (体質・症状に合わせ処方され、体全体の調子を整える効果があります)

     

  • ホルモン療法
  • (女性ホルモンを補充することによって、ホルモンバランスを整える)

     

  • 対症療法
  • (症状に合わせた薬を用いて症状を緩和します)

まとめ

更年期は我慢するものでは無く、辛いと思ったらお医者さんに相談して、症状を和らげる事もとても大切なんです。

 

薬は使いたくないという方もいらっしゃるかと思いますが、そのつらい症状に毎日耐えるほうが、体と心の為にも決して良いこととは言えません。

 

人によっては10年以上更年期に苦しまれている方もいらっしゃいますが、楽にこの時期を乗り越える為に大事なことは我慢をしないということではないでしょうか。辛い時は辛いと言う事が大切です。

 

また、処方されたお薬がイマイチ合わないなんて場合にも、お医者さんに相談してみることをおすすめします。中には怠慢なお医者さんもいるでしょう。

 

病院選びも大切です。気持よく対応してくれる、安心させてくれるかかりつけのお医者さんを見つけることも大切ではないでしょうか。