つらい便秘にお悩みの方へ。セルフチェックで便秘ケア

便秘の原因をしって正しく改善しましょう

多くの女性が悩みを抱える、もはや女性特有の悩みとも言える《便秘》について解消法や日々心がけたい生活スタイル、便秘ケアなどについてご紹介していこうと思うのですが・・・その前に。

 

ご自身の便秘の原因はどんなところからきていると思いますか?何か心当たりがあるでしょうか?

 

因みに私は、小さい頃から便秘でお腹が痛いと良く泣いていたのを覚えています。今思えば「学校でできずに我慢」していたのかもしれません。

 

当時の私をみていた母は、帰るなりランドセルをぶん投げてトイレに駆け込むのが白ひじきちゃんの日課だもん。とのことでした。「トイレ(便意)を我慢する」のも立派な便秘の原因なんです。

 

そこで、どんな原因が考えられるか改善方法も合わせてご紹介していきますのでチェックしてみてください☆

 

便秘のセルフチェック

 

この様ななことに心当たりはありませんか?

 

  • 朝食は抜きがち
  • 食事の時間が不規則
  • 外食をする機会が多い
  • 水分はあまりとらない
  • 便意を我慢してしまう(忙しくタイミングが合わない)
  • 運動不足
  • 便秘解消に下剤や浣腸を使うのが日課
  • ストレスがたまっている(心配事など)

 

何か当てはまる項目はありましたか?

 

水分をもうちょっと摂ってみたり、朝食を食べる習慣を身につける。トイレを我慢しない(トイレの時間を習慣づける)など、体にリズムを刻んでいくことが大切だと言われています。

 

もしも上記に心当たりがあるのでしたら毎日の生活習慣を改善することで、便秘解消に繋がるかも知れませんので、まずは簡単にできそうなものからお試ししてみるのもいいかもしれませんね☆

 

便秘のセルフケア

 

便秘に効果的なセルフケアとして、ツボ指圧がおすすめです!

 

神門(シンモン)というツボを刺激する

 

手のひら側 手首のシワの端(小指側)にあります。

 

やりかたとしては、親指の腹を使って神門を強めに5〜8秒間位指圧。頑固な便秘には「お灸」の方が効果的だと言われています。

 

お灸を行う際は、線香やタバコを使って、ツボ(神門)に近づけていき「熱い」と感じたら火を離す。と言った風に数回行ってみて下さい。

 

漢方薬が身体に優しく効果的

 

体力に自信が無い方は特に下剤では無く、漢方薬などを使う事をオススメします。便秘だけでは無く冷え性や腹痛、イライラなどの症状にも効果的な様々なタイプがあります。

 

下剤で辛い思いをした、薬が効きすぎてしまう方には是非、効果のやさしい「麻子仁丸(マシニンガン)」や「加味逍遥散(カミショウヨウサン)」が安心です。

 

私も便秘薬が効きすぎて怖くて飲めないのですが、加味逍遥散は自然なお通じ(お通じが無い日もある位)なので安心して使えました。確か生理痛にも効果的だそうです☆婦人科、もしくは内科の先生にご相談下さい。

最期に

上記の便秘セルフチェックに当てはまらなかったという場合、以下の様な項目に当てはまる場合、内科・外科、もしくはかかりつけのお医者さんへご相談してみてくださいね。

 

  • お腹(腹部)の手術経験がある
  • 腹痛や肛門の痛みを伴い、お腹にハリを感じる
  • 細い便が出る(以前より便が細くなった)
  • 心療内科などで処方された薬を服用中である
  • 病気中である(甲状腺機能低下症・うつ病・脳梗塞・膠原病など)

 

便秘は、生活習慣だけではなく飲んでいる薬の影響や様々な病気の影響が原因となっている場合があります。かかりつけの病院がある場合は主治医に相談してみましょう。お大事にしてくださいね。