偏頭痛・緊張性頭痛・群発性頭痛の原因と症状と対策

頭痛のセルフチェック

頭痛にお困りの女性の多くは、主に生理・疲労やストレスが大きな原因だと言われています。頭痛は痛みの度合いに関わらず不快なものですよね。特に激しい痛みは、何も手に付かない程、生活に大きな影響を与える場合もあります。

 

一般的に頭痛は、その原因は別として鎮痛剤を使うことが常識になっていますが、頭痛と一言に言っても「3タイプ」に分けられるのはご存知でしょうか?その点も踏まえて、頭痛にお悩みの方は是非セルフチェックで改善方法を探していきましょう。

 

頭痛の種類について

 

慢性的な頭痛は大きく分けると3タイプと言われています。

 

偏頭痛

 

頭の血管が広がることで炎症をおこしている

 

緊張性頭痛

 

ストレスなどによって頭の筋肉が収縮しておこる

 

群発性頭痛

 

年数回、数日間にわたって集中的におこる

 

慢性的な頭痛に効果的な漢方薬

 

呉茱萸湯(ゴシュユトウ)

 

虚弱体質や冷え性におすすめ

 

五苓散(ゴレイサン)

 

むくみが気になる場合におすすめ

 

釣藤散(チョウトウサン)

 

めまい・耳鳴り・肩こりにも効果的

 

症状をお医者さんへご相談の上、処方していただくと安心ですね。

こんな頭痛は要注意です!

以下の症状が現れた場合は、即《脳外科》への受診を!

 

  • 突然バットで殴られた様な激痛
  • 朝方〜徐々に酷くなっていく頭痛
  • 手足のしびれ
  • 物が二重に見える
  • 頭痛の1〜2ヶ月前に頭をぶつけた事はありませんか?など

 

ここに紹介した症状は《脳出血》の主な自覚症状です。念の為、早急に脳外科への受診をおすすめします。

 

偏頭痛の主な症状
  • ズキンズキンと脈打つ痛み(吐き気を伴う場合も)
  • 生理周期(排卵日など)に伴い、眠ると楽になる
  • 頭痛の前に光を感じる(ピカっと光った様な感覚や音にも敏感になる)など

 

お医者さんは内科にかかって下さい。

 

緊張性頭痛の主な症状
  • めまいと共に頭をグッと締め付けられる様な痛み
  • 酷い肩こりを伴い毎日のように痛む など

 

酷い場合は、内科、もしくは心療内科への受診を。

 

群発性頭痛の主な症状
  • 眼球の奥(目の裏付近)がえぐられる様な痛みを、年間通し1〜2ヶ月ある場合。

 

お医者さんは内科にかかって下さい。

片頭痛や緊張性頭痛はセルフケアも効果的

基本的な知識として覚えておきたいことをご紹介します。

 

  • 片頭痛は冷やす
  • 緊張性頭痛は温める

 

2つの頭痛が入り交じる場合もあります。

 

この他にも以下の様な方法が、痛みを和らげる効果があると言われています。

 

ツボ押しで痛みを緩和

 

百会(ヒャクエ)は、両耳から頭頂部を結んだ線と眉間から後頭部に結んだ線が交差するところ

 

ツボ指圧は、親指の腹を浸かって、真下に押しこむ感じで指圧。(自律神経の興奮も抑える効果があります)

 

アロマでリラックス

 

頭痛には、ペパーミントやラベンダーの精油がおすすめです。しっかり体を休めリラックスすることも大切☆

 

なかなか忙しく、休む暇もない場合、多くの方は鎮痛剤で乗り切るなんてことが多いと思いますが、十分な休息がとれないことは精神的なダメージも相当たまっていくものです。

 

一日でもゆっくりのんびり体を休める事も自分でできるケアの一つではないでしょうか。辛い時は休む勇気も必要です。

 

お大事になさって下さいね。