何だか頭がボーっとする、顔がほてったように熱くなる症状を経験したなら

頭や顔のほてりが気になっている人はセルフチェック

何だか顔だけ熱い、頭がボーっとするなど、首から上の”ほてり”を感じた経験はありませんか?

 

ほてりの原因はホルモンバランス、自立心神経の乱れによって血流が増えることが要因と言われますが、その他にも更年期障害の一つとしても有名です。

 

そこで、今回は”ほてり”の原因がどこからきているのかを探るためにもまずは《ほてりのセルフチェック》から行ってみてください。

 

ほてりのセルフチェック

 

以下が原因の場合、更年期やホルモンバランスの乱れが原因かも知れません。

 

  • 生理不順である
  • 35歳を過ぎてから、ほてりを感じる(35歳以上である)
  • 卵巣の手術経験あり(手術後からのぼせがある)

 

以上の項目に心当たりがあった場合は、ホルモンバランスの乱れや更年期が原因の可能性が考えられます。婦人科に受診をおすすめします。

 

上記に当てはまらない場合

 

その他の要因によっても、ほてりは起こります。

 

  • ストレスを感じている(悩みがある)
  • 多忙である(疲れている)
  • 緊張しやすい
  • 手足の冷えも気になっている

 

毎日の生活で疲れがたまっているサインかもしれません。ストレスや疲れによって自律神経のリズムが乱れてしまっていることが考えられます。

 

以下に紹介するセルフケアを行ってリラックス、ストレス解消してみては如何でしょうか☆

ストレス解消セルフケア

自律神経の乱れから来るほてりを解消しましょう。

 

ツボ押し

 

涌泉(ユウセン)

 

足裏、土踏まずのくぼみの中央付近を、湿布やお風呂で温まりながらマッサージ(青竹踏みなどもおすすめです)

 

ほてりの原因となる上半身にとどまる血(と気)を、下半身に誘導して体調改善する効果があると言われています。

 

アロマでのぼせ対策

 

クラリセージのアロマオイル

 

クラリセージには、ホルモン調整作用がの効果があると言われています。おすすめは、お風呂あがりにクラリセージジェルを体に塗布。

 

ジェルの作り方として、アロエベラボディージェル(市販)50mlにクラリセージ精油を1〜3滴(お好みで)、ラベンダー精油1〜3滴(お好みで)、ペパーミント精油1滴を混ぜて出来上がりです♪

 

お風呂に入る前に冷蔵庫などで冷やしておくとひんやりして気持ちいいですよ♪

 

ほてりは、ホルモンバランスや自律神経など様々な要因が考えられますので、年令に関係なく女性に多くみられる症状の一つです。日頃からストレスをため込まない事が予防や改善に繋がりそうですね。

 

辛いほてりには、やはり婦人科でご相談をおすすめします。漢方薬は副作用がほとんどなく、体にゆるやかに作用していくので負担なくケアしていけます。体質などによって処方されますので、お医者さんに相談してみると良いでしょう。

 

お大事になさって下さいね。