食欲がわかない、胃腸が弱いなど痩せてしまう原因をチェック

痩せてしまう原因を探るセルフチェックとセルフケア

食べても食べても太らない体質、たくさん食べても痩せてしまう、食べることが怖い、食欲がわかない場合や、太ることに敏感で常にダイエットしている方など、痩せてしまう原因は様々です。太れない(健康的な体型になれない)事で悩んでいる方も多いと思います。

 

その他に、精神的肉体的な病気のサインなど原因を知るために、まずはセルフチェックを行ってみてはいかがでしょうか?場合によってはお医者さんに受診し治療が必要な場合もありますので、痩せ過ぎには注意が必要です。

 

精神的な原因がないかチェック

 

  • 食べることに罪悪感がある(食べると後悔してしまう)
  • 痩せたい願望が強い(まわりからは痩せていると言われても自分が納得していない)
  • 気分が落ち込む事が多い(不眠である)

 

上記に心当たりがある場合、うつ病、拒食症の可能性があります。心療内科へご相談を。

 

甲状腺に異常がないかチェック

 

  • 動悸がする
  • 脈が早い
  • たくさん食べても太れない(痩せてしまう)

 

甲状腺機能に問題がある可能性がありますので内科へご相談下さい。

 

上記に当てはまらない場合

 

合わせて以下の項目もチェックしてみて下さい。

 

  • 食欲がわかない
  • 胃もたれしやすい(胃の違和感)
  • 胸焼けして疲れやすい
  • 下痢することが多い

 

上記に当てはまる酷い症状がある場合は消化器科へ受診を。(一時的な症状の場合はセルフケアをご参考にどうぞ)

 

消化促進のセルフケア

 

ツボを刺激してみよう

 

地機(チキ)

 

膝の後ろのシワから指5本分下の骨際(足の内側)にある「地機(チキ)」というツボには、胃腸の働きを整え消化を活発にする効果があります。

 

3秒かけてだんだん強く指圧、そのままの強さを5秒間キープ、その後3秒間をかけて指を離すように刺激します。食欲のない時に刺激してみてください。

最後に

過剰なダイエットに注意が必要

 

もう少し痩せたい、もっともっと痩せたいと知らず知らずのうちに過剰なダイエットを続けることで卵巣機能の低下に繋がる恐れがあります。

 

女性はある程度脂肪がないといけない理由として、妊娠や出産、その後赤ちゃんを育てるということが関係しています。最悪の場合、不妊に繋がってしまう事もあるので注意が必要です。

 

自分の意志で、食事を我慢したりしていると体が食べ物を受け付けなくなる拒食になります。逆にその反動で食べ過ぎてしまう過食も引き起こされてしまいます。拒食も過食も痩せたい願望が強くなることによって引き起こされる摂食障害。

 

急激なダイエット(一ヶ月に2キロ以上)は危険だと言われています。食事制限などで体重管理をする際は、身体に負担なくゆっくり行うことが大切です。痩せたつもりが、やつれた・・では残念すぎます。

 

身体と心の健康のためにも、規則正しい生活スタイルとバランス良い食事、適度な運動で人は自然と痩せるものです。健康的な美しさは財産です。自分を見失わないように気をつけなければいけませんね☆