物忘れが酷いと心配になったらまずはセルフチェックをおすすめ

物忘れが酷くなったと感じたら

突然ですが、私はもの凄い「方向音痴」です。どのくらい酷いかと言うと・・「自宅まで車で約10分という近所で、1時間迷い続けた経験があります」w

 

しかし、こんな事は、この時1度きりです。何故なら、それ以来知らない道は通らないようにしたので。なんと説明すればいいのでしょうね?冒険心?好奇心?ほんの出来心・・いや、思いつき?そんな軽い動機がきっかけですね。

 

あわよくば、近道を発見したい的なかる〜い気持ちです。ところが、道はどんどん細くなり、最終的に近所の川の土手の向こう岸から出てくるという奇妙な体験をしましたw私は一体いつの間に川を渡ったのでしょうか・・・。

 

そんな事があって以来、知らない道はたとえ近所でも通らないという結果にいたり、現在は道に迷う事もなくなりました。しかしこれは、物忘れではありませんよね。知らない道ですので。

 

そこで今回はどこからが注意が必要な物忘れなのかについて、専門医にかかったほうが良いのかどうかのセルフチェックや自宅でできる簡単な脳の血流改善ケアをご紹介していこうと思います。

 

物忘れセルフチェック

 

こんな物忘れがあったら、専門医にご相談を。

 

  • 人の名前が思い出せない(何度も会っている顔見知りの人)
  • 何をしようとしていたのか突然忘れてしまう
  • 探しものが見つからない(何処にしまったか忘れる)
  • 何度も通っている道で迷ってしまう
  • 物事に関心がない(または関心がなくなってきた)
  • 時間の感覚が分からない(ぼんやりする)

 

確かに当てはまる。または上記の状況で日常生活に支障をきたすほど困り果てている方は、専門の病院に受診されてみては如何でしょうか。

 

上記の経験は確かにあるけど、特に気になるほど頻繁ではないという場合、《脳の疲れ》や《血流の悪さ》が原因になって一時的に忘れっぽくなってしまう場合があるといいます。

 

そんな方は是非、これから紹介するセルフケアを行ってみてください☆

 

脳を元気にするセルフケア

 

脳の血流改善で、鈍くなった脳の働きを活発にしましょう♪

 

ローズマリーの香りが効果的

 

ローズマリーの香りは、記憶力や集中力を高める作用があると言われています。

 

ローズマリーの精油はキャリアオイルなどで1%以下に薄めて額やこめかみ、首の後ろなどに馴染ませて優しくマッサージするとスッキリ効果がえられますのでおすすめです。

 

妊婦さんや高血圧症、てんかんなどの持病をお持ちの方は注意が必要です。かかりつけのお医者さんにご相談下さい!

 

お魚に含まれるDHA・EPAで脳を活性化

 

DHAやEPAに含まれるリン脂質の不足が脳の働きを鈍くしてしまうと言われています。リン脂質は大切な脳内の伝達物質。

 

イワシやアジ、サバなど青魚に多く含まれています(酸化しやすいので注意が必要)。酸化が気になる方、青魚が苦手な方は、サプリメントで代用するのもいいでしょうね☆

 

さらに♪脳の血流改善には、かぼちゃやパプリカなどに含まれるビタミンEも効果的ですね。

 

物忘れは、誰にでも起こりうる日常的な事です。なんだか今日はやたらうっかりしてるな?そういえば、最近お魚食べてないな・・と思ったら、そんな時にサプリメントを活用すると良いかもしれませんね。

 

そして、物忘れが酷くお悩みでしたら、最近では《物忘れ外来》など専門のお医者さんがいる病院も増えてきましたので、案ずるより産むが易し。一度専門医にご相談をしてみることをおすすめします。

 

一言に物忘れと片付けられないのが難しいところではありますね。お大事になさって下さい。お魚も食べましょうね!