ファンデーションの厚塗りにバッチリアイメイクは老けてみえる?

老け顔の原因や改善のポイントについて

年齢と共に、メイクの時間って長くなりませんか?コンシーラーは欠かせませんし、アイライナーは上手く引けなくなってきます。そして、何よりもスキンケアとベースメイクに時間がかかるのは私だけでしょうか・・w

 

目の下の黒グマを隠すために、コンシーラーは意味がありません。むしろ目立たせる結果にもなります。なぜなら、それはクマと言うなの皮膚の《たるみ》なんです・・。ほうれい線やおでこ、目尻のシワに加え、シミやくすみ。本当にそのメイクで隠せていますか?

 

もしかして、その老け顔、メイクのせいではありませんか?

 

今回は、老け顔の原因の間違ったメイク法について悪い例と改善のポイントについてご紹介していきたいと思います。毎日続けてきたお気に入りのメイクをちょっと見直してみてはいかがでしょうか☆

 

こんなメイクが老け顔の原因かも

 

コンシーラーの重ね塗り(スティック)

 

シミや傷跡が気になる部分にこれでもかと塗りがち。確かに指などで肌になじませると、またシミや傷跡がうっすら現れて来るんですよね・・。そうこうしている内にみるみる厚塗りになっていきます。

 

厚塗したコンシーラーは、メイクがヨレたり、時間が経つとシワが目立ちやすくなる原因になるので注意が必要です。

 

固形などのスティックタイプではなく、リキッド系を薄く塗る(ただし、肌が敏感な方、乾燥が気になる方にはあまりおすすめできません)。

 

 

紫外線対策を怠っている

 

どうせちょっとだけの外出だし・・という毎日の積み重ねで肌に紫外線が蓄積していきます。
紫外線はシミだけでなく、肌の乾燥を招き、乾燥は肌のたるみやシワなど老け顔の原因に拍車をかけます。

 

ちょっとした外出にも紫外線対策を怠らない。案外忘れがちなのが『手の甲』。最も年齢が現れやすいパーツです。ちょっとした外出ならSPF値は低くても効果は十分。

 

逆に過剰な紫外線対策(日常生活でSPF50を愛用するなど)は肌荒れの原因になります。何もしないよりは最低限のUVケアをするだけで十分効果的です。

 

 

ファンデーション(ベースメイク)の厚塗り(重ね塗り)

 

毛穴、くすみ、シミ、シワが気になるとファンデーションもつい厚くなりがちです。それはまさに、ファンデーションでシワや毛穴を埋めようとするかのような勢い。

 

厚くなったファンデーション(ベースメイク)が返ってシワに入り込んで目立たせてしまうことに。毛穴にも同じことが起きます(毛穴落ち)笑ったり怒ったり顔の表情の変化でファンデーションもヨレて化粧崩れしやすくなります。

 

毛穴など凹凸が気になる部分に専用の化粧下地を使ってみては如何でしょうか♪メイクで隠せるものは限られるので毎日のスキンケアがとても大きな意味を持ちます。

 

シワの大きな原因の乾燥対策やアンチエイジングケアを行いましょう。

 

 

囲み系アイメイク(がっつりアイライン)

 

慣れたメイクだから、このメイクをしないと落ち着かない(メイクをした気がしない)など、若い時から同じメイクをそのまま変わらず続けているのならちょっと見直したいところ。

 

目元は特に皮膚の薄い部分でたるみの出やすい場所。まぶたや目尻の皮膚が伸びて垂れ下がってアイラインが小じわに滲んだり、皮が引っかかりまっすぐに引けないなんてことも多くなります。バッチリアイメイクでたるんだ目元を強調してしまう結果に・・・。

 

リキッド系のアイライナーは滲みやすいので、芯の柔らかいペンシルタイプがおすすめです。ラインを引く際は優しく、カラーは真っ黒よりもブラウン系が優しく上品な目元になります♪

 

更に下がった目尻だけにラインを引くなどすればナチュラルな中にもハリのある若々しい印象になりますよ☆

 

 

ポイントメイクの色のチョイス(パール系・ビビッドカラー)

 

一見すると華やかな印象で、パール系は特に光で肌の粗を飛ばしてくれそう。肌色を明るくみせたい、透明感を出したい、メイクにメリハリを出すには欠かせないアイテムですが、使いこなすにはかなりの上級テクニックが必要。

 

派手で下品な印象になりがち。光を味方にするどころか、浮いてしまって頑張っている感がもろに出てしまいます。

 

メイクに自身があるのであればOK☆ただしちょっと不安な場合は、ラメやグリッターなどのキラキラ感が少ないものを選んだ方が良いかもしれません。

 

どちらかと言うとツヤ感の方が重視したいポイントです。キラキラメイクは卒業しましょう。

最期に

年齢を重ねるごとに、メイクは引き算という意味が最近わかる年齢になってきました。

 

以前は2枚重ねのつけまつ毛に囲みメイク。チークはこれでもかとオカメインコのように塗っていましたw昔の写真を見ると、何かに取り憑かれていたんだな・・と不思議に思うメイクをしています。

 

何故、あれが良いと思っていたのでしょうか・・・今の私から言わせて貰えば、はっきり言って毎日がハロウィンです。今のメイクももしかしたら、数年後に『あの時あんなふうに言ってたけど・・まだハロウィンは終わって無かったんだな』と思うのかも知れません。

 

でも確実に引き算していっていますよ!

 

バサバサのつけまつ毛?2 → ナチュラルなつけまつ毛?1(もしくは半分にカットして目尻だけ)
真っ黒な囲みアイメイク   →  ダークブラウン系で上のみ
大福を食べた後の様な口紅 → リップクリームのみ
オカメインコの様なチーク  →  血色が良くみえる程度

 

・・・今、自分で思い出しながらこうしてあげていて怖くなりました。特にオカメインコの様なチークの件で。

 

あれで外を歩いて、あれで彼氏がいてwあれで親も友達も何も言わないって!私のまわりの人々はなんて懐がデカイんだ!!・・と。どおりで引き算しやすいわけです。元が元ですからね。とんだ荒くれメイク野郎でした。

 

若気のいたりです・・・以後精進致します。是非、昔の写真と今のメイク見比べて引き算メイクしてみてください!メイクはスッピンに近いほど、ナチュラルメイクを心がけると若くなります♪