誤った知識!実は半身浴は、美容や美肌効果が期待できない!?

美容や美肌を意識した入浴法について

私をはじめアトピーの方以外でも経験があるのではないでしょうか?特に冬場の寒い時期に、熱い温度のお風呂に浸かると、肌が「チリチリ」して痒かったり、冷え性の方は「アツ・・・痛〜!」ってなった経験はありませんか?

 

そして、熱いお風呂が苦手でのぼせやすい方もいらっしゃると思います。因みに白ひじきは、主治医の先生に「あまり暑いお風呂に入らないでね〜」って言われております。アトピーは身体が温まると痒くなったりしちゃうんですよね。

 

そこで私みたいな人間にピッタリだと思われていた、皆さんもご存知の《半身浴》コレが実は、美容に良いとされていますが間違った知識かも知れませんよ!というそんなお話をしていきたいと思います☆

あの半身浴が!えぇぇぇ〜嘘ぉ〜と思うほど効果がない?

浴槽の半分くらいまでぬるめのお湯を張り、長く浸かる事で、代謝を上げ「発汗作用」を促したり、「脂肪燃焼」などダイエット効果が期待できるそう。そして、当然汗が吹き出す事で、「毛穴の汚れ」がキレイになる・・・なんてイメージありませんか?

 

しかしコレこそが半身浴の誤った知識で、効果が無いだけならまだしも、やらなきゃ良かったよ〜って後悔しちゃう誤った常識もあるんです。その誤った常識を捨てて、正しい入浴法で、効率よく美肌になっていきましょう♪

 

誤解だらけの《半身浴》ココを見直そう!

実は知っていましたか?そもそも半身浴は、心臓に負担をかけない為の入浴法の一つで、美容がメインではないんです。

 

半身浴の誤解「毛穴の黒ずみ改善」について

身体が温まって汗をかく。いかにも毛穴の汚れはふやけて汗と一緒に排出されそうですが、「汗が出る所=汗腺」であって「毛穴=皮脂腺」ということで、全くもって関係ありません。

 

半身浴の誤解「代謝が良くなる」

お風呂で汗をかくのは、代謝が上がっているように思われますが、代謝をあげるためには自らが運動をするなりして、体温を上げ血液の循環を良くする必要があります。よって、外部から温めても代謝には繋がらないということですね。

 

半身浴の誤解「冷え性の改善」について

手足や体全体がポカポカして、血行が良くなっているようですが、その状態がずっとは続きません。これは一時的に温まっただけですので、冷え性の根本的な改善とは言えませんね。

 

半身浴の誤解「肌がプルプルみずみずしくなる」

蒸気に包まれ、汗をかき、肌表面もしっとりと潤っていい感じのようですが、実は逆!一番恐ろしいのは美肌に大切な成分のセラミドが長湯によってお風呂に溶け出して行ってしまっているそうです。

 

どひゃぁぁぁ〜えれぇこったですぅぅ。つまり、完全なる逆効果なので美肌を守る白ひじきとしては、この行為、絶対絶対おやめくだせ〜!と声を大にして言いたいのです。

 

それでは、こんな誤った入浴法は一刻も早く改善して、今日から入浴中も美肌づくりにいそしむわ!という美意識の高いおなご様達のために、ここからは美容や美肌のための入浴法《改訂版》をご紹介いたします。

美肌のための理想的な入浴法

間違った入浴方は逆に肌に負担をかけてしまいます。入浴はあくまでも、お肌に無理なくリラックスを目的とするのがおすすめです♪

 

お湯の温度

38〜39度熱すぎず、ぬるすぎず。高くても40度くらいまでが理想的☆

 

お風呂のお供

お好みの入浴剤やキャンドルでリラックスする(アヒルちゃんも浮かせてみちゃってくださいw)。また、アロマ系の自分の好きな香りも良し♪米ぬかエキスや尿素配合の保湿効果が高いものもイイですね

 

入浴時間

10分から長くても20分(セラミドさんが逃げちゃうので長湯はアカン)。半身浴ではなく、肩までしっかり浸かる「あぁ〜・・・」っておっさん声出すと尚良しw

白ひじきが提案する入浴方法

とにかくリラックスして、癒しの時間を。この後の就寝が美肌づくりのメインとなるので、入浴はその前の下ごしらえです。

 

お布団(ベッド)に入る30分くらい前にはお風呂から上がって、スキンケアや水分補給など、ゆっくりしてお過ごしください。

 

今日のお風呂が楽しみになって来ましたね!因みに私のおすすめの入浴剤はラベンダーです。本当に寝付きが良くなりますしお風呂でのリラックス効果が半端ないです。お好きな香りに包まれてぐっすり寝てください☆