肌のトラブルの原因は、日々のNG習慣で腸内環境が乱れているから

便秘慣れが一番怖い?

お通じが毎日じゃないなんて当たり前!これが自分の体質!と思っている方に是非試して頂きたいです。実は私も幼い頃から酷い便秘ですが、まさにその通りw毎日出る方が不思議なくらいに、本当に当たり前の事になってしまっていたんです。

 

食の細い私は、食事の摂取量にも寄るのでは?と自分の都合のいいように解釈していましたが、どうやらそれはあまり関係が無いようです。お腹が苦しいとか違和感も特に感じないんですよね。

 

この、違和感を感じないのがそもそもおかしいんです。1日お通じが無かった時点で、お腹が張ったり、食欲がなくなったりしてもおかしくない、いや、正常な腸内ならそうなるはずなんだそうです。

 

このままでは非常に良くない事ですよね。近い将来、肌トラブルだけではなく、怖い厄介な病気にもなりかねませんし。直ちに見直していきまっしょい☆

慢性的な便秘が怖い理由

ビタミンの合成をしてくれる腸内細菌がお休みをして、必要なビタミン合成が滞り《悪玉菌》が大発生!
悪玉菌の登場で、肌の老化や肌荒れを引き起こす《活性酸素》が発生しやすい状況に!悪玉菌め〜!!

 

     すると・・・↓

 

慢性的なニキビや乾燥などの肌トラブル&肌老化をもたらす。(身を持って納得しております)しかも!3日以上、お通じが無くても平気な慢性便秘状態のお腹の中では、便がたまって腸が伸びてしまって鈍感になってしまっている可能性があるんだそうです。

 

本来、毎日快便さん達は、腸の中でビタミンなどを合成してくれる腸内細菌が活発に働いてくれています。肌トラブルも少なく、1日出ないととてもお腹に不快感があるんだそうです。腸が敏感に反応している証拠ですね。

 

怖いですね。でも、大丈夫です!ココからは便秘の改善方法と本当に【出る】お腹のマッサージなんかも紹介していきますので、お試ししてみてくださいね☆

【慢性便秘脱出プログラム】〜悪玉菌よさようなら〜

朝食は欠かさないぜ!

朝食によってもたらされる効果としては、腸に刺激を与えることができます。お通じ信号を感じたら「すかさずおトイレに!」コレを逃すと慢性便秘の方は、また負のループにハマってしまうのでご注意ですよ!

 

冷たい飲み物に注意!

便秘にはお水をたくさん飲むのが良いなんて聞いたことがありますが、実は間違い。むくみの原因になってしまううえ、冷たい飲み物を摂り過ぎると「腸」が冷えてよくありません。温かい飲物を適度(喉が潤う程度)摂取するのが◎

 

運動不足の解消!

運動と言っても大げさな物は必要ありません。ストレッチやお腹のマッサージなど手軽に出来るもので、十分に効果が得られて即効性も実感できます。時間ができたら軽いウォーキングをしてみるのもイイです。

 

管理人の白ひじきが実際に試して効果があった、便意解消マッサージ

私がこの中で実践して即効性があった、白ひじきイチオシのお通じ促し法は、今はなき某TV番組で紹介されていた「おなかのマッサージ」を白ひじき流にアレンジ

 

即効性が期待できるので、時間に余裕があるときにお家でやってみてください。

 

白ひじき流お腹マッサージ

仰向けに寝る(膝は折り曲げて立てた状態)

 

      ↓

 

左下腹部(おヘソより左側)をアバラから股関節付近にかけての縦のラインを指を揃えた状態の両手の指先で交互に上下を往復移動(多少強めで、アタタタ−と言う感じにw)1分間。アバラ⇔股関節いったり来たり。

 

      ↓

 

下腹部(おへその下)から恥骨までの縦移動を先ほどと同じ要領でアタタタタ〜と1分間。

 

      ↓

 

立てている膝を折り曲げた状態で左右の床に(畳)に着くように、1分間グラグラ揺らします。
両手は身体の両脇に自然に横たえておくとバランスがとりやすいです(手のひらの向きは床側)

 

後で画像を載せます

 

頑固な方は、2セット3セット位やってみてください♪因みに、ヨガの《ガス抜きのポーズ》にも結構お世話になっています。お腹にガスがたまって張ってしまった時におすすめです。

お薬での便秘解消について

これは、人それぞれかと思いますが、薬は効きすぎてしまって困る方や、薬を飲まないと出なくなってしまうのが怖いという方など様々かと思います。

 

因みに私は以前、桃色の小粒さんを飲んだ際に一日中腹痛との戦いでそれ以来「便秘薬は無理だ〜」とトラウマなりまして。最近では、お腹に優しい生薬の物なども増え、お通じの際の痛みも和らいだようですが、飲めないからハッキリ言ってよく分からないんですよ。

 

それでも便秘を慢性化するよりも、お薬を上手く使って何とか解消することのほうが大事なので、食事や運動でも改善が難しい方には、「整腸剤」(乳酸菌製剤etc.)からはじめてみては如何でしょうか?

 

それでもダメなら身体に優しい、あまり強すぎない便秘薬がおすすめです。お腹の痛くなりにくいものからはじめてみてくださいね。あんな辛い思いまでして・・・ってなりますからねw

 

でも、出す!いらないものはお腹にとっておいても良いことはありません。慢性的な肌荒れでお悩みの方も、便秘の解消で、お肌の状態が改善に向かうかも知れませんので♪