紫外線対策における、ちょっとした疑問点を解決

肌をいたわるUVデイリーケアのすすめ

肌の老化《シミ・シワ・たるみ》などの予防の為にも毎日のUVケアはかかせません。皆さんは『UVケア』と聞いてどんなことが思い浮かびますか??

 

一般的に紫外線対策と言ったら、日焼け止めを塗るという事ではないでしょうか?しかしこの【日焼け止め】は肌にとても負担をかけている事はご存知でない方も多いと思います。

 

今回はそんな毎日の紫外線対策として、お肌をいたわりながら出来る他のUV対策もご紹介していきたいと思います☆

日焼け止めなしで外出できるのは2時間まで

ルースパウダー:UVカット効果が無くても紫外線の侵入を防ぐ効果は十分!

 

身体

長袖:色が薄い服はダメ!UVカット効果がある服でも、暗めの色で生地が厚いものが尚いい!

 

小物

日傘や手袋:日傘も暗めの色をチョイス!手袋やアームカバーは長いにこしたことはありませんよね。

 

2時間を超える外出時には
  • SPF10〜20
  • PA++
  • ウォータープルーフでない乳液かクリームで

レジャー時の特別なUVケア

過酷な夏のレジャーには更に効果の強い日焼け止めが必須!

 

ウォータープルーフなどの効果の強い日焼け止めを使う時には、それ専用のクレンジングも必要となってきます!つまり、肌への負担も大きくなるので使用は最小限に留めるようにしましょうね。

 

効果の高い日焼け止めを1本使い切る気持ちで!

『親の敵!』というくらい厚く塗る

 

水に濡れない場合でも2時間を目安に重ね塗り!濡れた時には塗り直す!

 

レジャーの約2週間前からビタミンCを摂取しつづければ、シミ予防に効果的!

強い日焼け止めの選び方

普通肌の方
  • SPF50
  • PA+++
  • ウォータープルーフの乳液かクリーム

 

敏感肌の方
  • SPF30
  • PA+++
  • ウォータープルーフでない乳液かクリーム

 

ひとことにUV対策と言っても、その方法は日焼け止めだけでは無いという事と、日焼け止めは効果が高いほど、肌へのダメージも大きいということなんですね!

 

最近では、洋服自体にもUVカット加工されたものが沢山ありますし、できることなら短時間(2時間以内)の外出でしたら、日焼け止めを使わずに、小物を上手く利用した方が良いですね☆

***【おまけ】***単なる私の独り言

私の素朴な疑問なんですが・・・。日焼け対策なのでしょうか?ここ数年、夏になると良く見かける女性は『半袖のTシャツに、ひじ上までのロンググローブ』をしている方。

 

それはいいのですが、半袖とグローブの継ぎ目?というのでしょうか?明らかに地肌が出ている女性を多く発見します。あれは、紫外線対策?なのでしょうか?それともファッション??私の周りには居ないので、友人に聞いても謎は深まるばかり。

 

憶測としましては。

 

紫外線対策で行っているが、二の腕が細くて段々とずり落ちて来てしまっている瞬間?ということかと自分自身で解釈しています。もしくは、二の腕のその部分だけ日焼けしたい!(^〜^;)んな〜訳無いですよねー!w

 

自転車に乗られてる方が多いように思いますので手袋が下がってきてしまうのですかね。素朴な疑問でしたw失礼いたしましたm(_ _*)m