クリームタイプのメイククレンジングで肌への負担を軽減

皆さんはどんなメイク落としを使っていますか?

皆さんは、メイク落としはどの様な物をお使いでしょうか?そのクレンジング剤は、ナチュラルメイクの時もしっかりメイクの時も同じでしょうか?恐らくそれが当然ですし、私も私の周りの友人達もみんなそうです☆

 

ですが、もしお肌のことを考えてクレンジング剤を使い分けをされている方がいらっしゃるとすれば、それはもう素晴らしく美意識の高い方なのだと思います♪私も頑張ります!

 

今回は、メイク落としがお肌に与える影響と、今後どう改善していけば良いのかについてお話していこうと思います。

 

毎日のクレンジングが実は肌トラブルの原因になっていたのかもしれませんよ〜。怖いですね。

オイルやリキッドのメイク落としはNG!

頑固なしっかりメイクを落とす場合、オイルやリキッドの方が手早く簡単にスッキリオフできると思いませんか?覚えておいて頂きたいのは《良く落ちるメイク落としほど肌にダメージが大きい》ということなんです。

 

肌に影響のある界面活性剤について

 

この、界面活性剤というのは油分と水をなじませるために使われます。界面活性剤が多く含まれれば含まれる程、メイク汚れはスッキリ落とせます!しかし、肌へのダメージは大きくなってしまうのです。

 

汗や水に強い落ちにくいメイクは、油性ですので、当然クレンジングも油性でないと汚れを浮かせません。そこで、キレイにスルッと落ちるということは、それ相応の界面活性剤が含まれているということになります。

 

                           ↓ つまり ↓

 

しっかりメイク(油性)を取り去るという目的のつもりが、簡単に落ちる人間の皮脂まで、根こそぎ奪ってしまうということになり、乾燥やシワなどの肌トラブルにも繋がります。

 

特に注意が必要なのは《シートタイプのメイク落とし》肌に摩擦で刺激を与えるので更にダメージ大。では、ここからはどうしたらいいのか改善方法についてご紹介していきます☆

肌に優しいメイク落とし。どんなクレンジング剤を選ぶといいの?

色々なクレンジング剤がありますが、一番はクリームタイプのメイク落とし(洗い流すタイプ)がおすすめです。乳化ジェル(透明は?ここでは白いものを指します)もクリームタイプの次にお肌に優しいです。

 

では、タイプ別に細かく見ていきたいと思います。

 

メイク落としのタイプや特徴

 

リキッドやジェル

 

リキッド状に近ければ近い程、界面活性剤が多く含まれるため、先に紹介した様な白い色をした乳化ジェルは低刺激でおすすめです。

 

オイルタイプ

 

最もメイクが落ちやすいのがこのタイプ。その分界面活性剤も多量ですので、しっかりメイクの日だけに使用するようにして、普段使いはNG!

 

ミルクタイプ

 

肌への負担は少ないですが、メイク落ちは悪くなってしまいます。メイクが落ちにくいからと立て続けに何回も使用するなどの悪循環にご注意を!

 

クリームタイプ

 

洗浄力と肌への優しさのバランスがベストなのでおすすめ☆各メーカーによってメイク落ちに多少差があるのが難点ではあります。

 

以上のお話しをまとめますと・・。

 

  • メイク落ちは抜群だが、肌への負担も大きい『オイルクレンジング』
  • それなりの洗浄力と肌への優しさも併せ持つ『クリームクレンジング』

 

この両者を使い分ければ良いということなんです♪

白ひじきのメイク落としの使い分け

私は、次のように使い分けています。いかにも参考書通りなので大それたものでもありませんが、キチンと使い分けるようになって、次の日のメイク乗りが変わりました。

 

何事も面倒くさがらずに、やる事をやるっ!て大事なんだと実感です。

 

  • しっかりばっちりメイク(ウォータープルーフなど)の日→オイルクレンジングを☆
  •  

  • ちょっとメリハリナチュラルメイク(会社など)の日→クリームクレンジングを☆
  •  

  • ほぼすっぴんに近いササッとベースメイクなどの日→ミルクタイプのクレンジングを☆

 

メイクを落とした後に、洗顔用の固形石鹸でW洗顔がおすすめです。肌に一番負担をかけない優しさNO,1です♪

 

では次回は、肌に優しいクレンジング方法についてご紹介していきます。