安い化粧品と高価な化粧品の違いと、その差について。

同じ美容成分が配合されてるのに、化粧品の値段が違うのは何故?

今現在、お肌にどのような効果を求めて、どのような化粧品をお使いでしょうか?

 

ご自身で望んだ効果は実感できていますか?コスパには満足できていますでしょうか?たくさんある化粧品からその化粧品を選んだ決め手は何でしたか?

 

いきなり質問ばかりで驚きますよね。と言うのも、私自身、数ある化粧品メーカーの中で、更にお悩み別のスキンケアラインが膨大にある中から、今使っている化粧品は本当に自分に1番あっているのかな?もっと効果の実感できる良い化粧品はないのかな?とふと疑問に思う事があります。

 

そこで、価格に的を絞って、化粧品の違いや差について今日はお話ししていきたいと思います!

 

価格の差の原因とは?

 

高価な商品とお手軽な商品の違いについて考えられるものを幾つかあげてみました。

 

美容成分

 

配合されている濃度の高さ・美容成分の希少性(独自の成分)

 

製造工程

 

どれくらいの時間と労力、研究を積み重ねたのか(独自製法などのテクノロジー)

 

製造コスト

 

材料、人件費、研究費など(容器のデザインや広告費)

 

ネームバリュー

 

会社の知名度・イメージや価値など(ブランド)

 

おおまかにこんな感じではないでしょうか。もちろん他にも違いは様々あるでしょうが、きりが無くなってしまうのでこのくらいにしておきますw

 

《例えば》価格を気にせず購入できるとしたなら、高いもの安いものどちらを選びますか?因みに以前の私なら、迷わず高価な化粧品を選ぶでしょう。高価な化粧品=質が良いと言うイメージだったので。

 

しかし、ここで注意しなければいけないのは、ブランドの名前に左右されて安心しきってしまうというところ。つまり《ネームバリューにまどわされる》ということです。これに私は苦い経験があります。

 

年齢と共に、徐々に経済的余裕がうまれ、ある程度贅沢ができるところまできた時、思い切って憧れていた大手化粧品メーカーのスキンケア商品一式を購入しました。

 

大人への仲間入りをした気分です。しかし、その商品は、肌の弱い私には合わなかった様で、とてもショックを受けた過去があります。

 

その他にも(エステサロン)、CMが放送されているから安心して、激安のお試し体験に行けば、カウンセリングで数十万のコースをすすめられ、結果的に会員になって帰ってくるなどの経験もありました。

 

施術中に高額な機器や美容品の購入、勧誘?が酷かったのを今でも覚えています。後に解約しましたが、本当に安い金額に釣られて行ったが最後w追い剥ぎの様なエステサロンでしたね。

 

私は勘違いをしていたんですよね・・。高価な化粧品=誰にでも合う・効果が高い物メジャー=安心 だと・・・。そんな経験から、私はブランドには左右されない、むしろ怪しいと色メガネでみるひねくれ者になりましたw(もとから?)

 

ここで、声を大にして言いたいのは、高かろうが安かろうが、良いものはイイ♪ということです。

 

高価な化粧品を検討しているなら尚更サンプルを試してみることは必要ですが、サンプルってハッキリ言って少量で数日間じゃ何も分からない事って多いですよね。

 

効果を実感する為じゃなく、パッチテスト的な意味で、自分の肌に合うかどうかサンプルを試してみる。という風に思っていたほうが良いかもしれません。

最後に

化粧品の使い方にも注意が必要です☆

 

高価な化粧品を愛用しているけど、もったいないからとちょっとづつ時間をかけて使っている場合(例えば・・2ヶ月で使い切る量のはずが、4ヶ月〜半年もつ使い方、ちょっとづつ使っている等)

 

美容液などは特に、浴びるほど贅沢に使う位の勢いが理想的だと言われます。

 

少しづつでは、実は効果も下がってしまうそうです。せっかく高いものを使っている意味が無くなってしまうんですね。勿体無いです。

 

高価な化粧品をちょっとずつ使うくらいなら、安い化粧品でも浴びるように贅沢に使った方が効果的な場合もあると言います。

 

要は、自分に合ったもの、好みの問題なのかもしれませんね。効果やコスパを考慮して、自分なりに納得できるものを選ぶのが一番なのかもしれません。

 

いい大人なんだし、安いものは使えない・・・なんて言わずに、良いものはイイ☆んです!自分は自分ですもんね。

 

あ・・、因みに、高価な化粧品を使うことによって、他の効果が得られると言われています。

 

《高価な化粧品を使っている満足感が女性に自信を与え実際にキレイになる》効果もあるそうですよ♪人間って面白いですね!