パック・クリームなど美容液に+αで効果が高いスペシャルケア

スペシャルケアの選び方

日々のスキンケアにプラスして、クリーム、パック、マスクで更に美肌に磨きをかけたいところです。部分的なテカリやカサつきに加えシミやシワなど、化粧水・美容液だけでは限界がありますよね。

 

そんな部分的なお肌のトラブルには、スペシャルケアで補ってあげるといいですね☆ここでは、スペシャルケアのタイプ別の選び方などをご紹介していこうと思います。

目元や口元の乾燥が気になる場合

 

化粧水や美容液などを、スキンケアのお手入れの最後に適量を目元や口元など気になる部分に付ける。

 

この時の注意点として、お肌にスリ込みたくなる所ですが、優しく優しく付けてあげて下さい。目元は特に皮膚が弱い部分ですので丁寧にそっと付ける事がいいらしい。

 

また、最近ではジェルやムース状などの軽いタイプもありますが乾燥により効果的なのはやっぱり油分が多いクリームだそうです!乾燥肌さんは、覚えておいて下さい♪

 

シミやシワが気になる場合

 

先ほどは、乾燥にはクリームが効果的とご紹介しましたが、実はシミやシワには逆にあまり効果的ではないんだそうです。

 

ということは、シミやシワ対策のエイジングケア化粧品を選ぶ際は、逆にクリーム状で無いものを選ぶといいということですね☆

 

肌の張りやツヤが気になる場合

 

お肌の油分が失われている場合は、油分を補うクリームを美容液の後に、まずはUゾーンから、その後Tゾーンになじませるのがいいそうです。

 

シートパック、マッサージの誤解

 

最近では近所のドラックストアーでも韓国コスメのシートパックやかたつむり、蜂などの様々成分が入ったスペシャルケアコスメが簡単に購入できるようになりましたね♪

 

因みに私は、かたつむりは痒くなってしまってダメでした(T▽T) ヘビ毒や、ハチ毒、マリンコラーゲン系が肌に合う感じですね。

 

そんな様々なシートパックですが、袋から取り出すと滴るほどの水分(美容成分?)を含んでいますよね?

 

『もったいない!もったいない!』と私も慌てて顔にのせるわけですが、あの滴る様な水分は、いかにも肌がごくごく飲んでくれているようですが10分15分かけてお肌に染み込んだものの、また時間をかけて蒸発していくだけなんですって!!えーーーーーー!!・・・・・(TロT)ち〜ん・・・・

じゃあ、どの様なパックが効果的か?

保湿パックをする場合は、『石膏状に固まるタイプ』でパック後に洗い流すタイプが良いんですって!中には肌に潤いが入るシートパックもあるのでしょうがね。

 

メリメリ〜っと剥がすタイプもありますよね。私はあれで、皮膚を傷つけてしまって以来トラウマなので肌の弱い方にはおすすめできませんね。

 

マッサージについてですが、コレもまた様々ですよね。私がよくおこなっているマッサージは、THE 顔面指圧です。リンパなど肌の老廃物をゴリゴリ押していますw小鼻の脇、頬骨の下、こめかみ、目頭などなど。

 

すっごく痛いです!でも手を離した後がじわ〜っと余韻が残って気持ち良くって♪←あまり参考にはなさらないで下さいね!

最後に

皆さんそれぞれに、ご自身でちょっとしたマッサージをすることがあるかと思います。そんな時、ノリに乗ってくるとついついムキになってしまいません?

 

注意していただきたいのは、美肌の為と思って肌を伸ばしたり余分な刺激を与えると憎き『シワ』の原因になるそうです!

 

マッサージは、専用の美顔器とマッサージクリームでやさしく行うのがベストなんですって。

 

私も改善しなければなりません。ほとんど癖になっていますからね・・・。皆さんもご注意くださいね♪