乾燥や肌荒れに酷くお悩みの方へ、正しいボディーの保湿ケアとは?

お風呂あがりの身体の保湿方法

今回は、お風呂あがりの身体の保湿方法などについて、ご紹介していこうと思います。

 

シャワーやお風呂で汗や汚れを洗い流す際、同時に必要以上に、失われた身体の油分を補ってあげる必要があります。

 

例えば台所で洗い物をするときなんかもそうですが、お水で食器を洗うよりお湯で洗った方が油汚れがスッと落ちやすいですよね?しかも、冬場にお湯で洗い物をすると手荒れが酷くなる気がします。

 

その際に手はハンドクリームで保湿してあげるのに、毎日お風呂あがりに保湿しなくてもいいの??ってことなんですね。

 

頭や顔同様に、身体もパーツごとに皮脂量が異なりますので、その点に注意して、保湿していく必要があります。

身体のパーツごとの保湿の仕方・注意点

《胸・背中》皮脂量が多いパーツ

 

基本的には何もしなくても良いですが、カサつきが気になる場合は『油分の少ないローション系』で!

 

クリームを毎日毎日塗っていると、背中ニキビなどのトラブルになる場合もありますので、サラッとしたローションがおすすめです。

 

《手・足》皮脂量が少ないパーツ

 

皮脂腺の少ない手や足は、『油分を適度に含んだクリーム系』がおすすめです。

 

冬になると特に乾燥が気になるヒジ、膝、かかと、すねには【尿素配合】の保湿クリームが尚おすすめ♪

ベビーローションの落とし穴

赤ちゃんにも使えるから、肌に優しい、安全な認識のベビーローションにも意外に知らない落とし穴があるんですって!

 

ベビー用化粧品には殺菌成分が含まれていることがあって、逆にそれが肌に刺激を与えてしまう場合があります。

 

私のようにアトピーだったり、乾燥性敏感肌など、お肌が人よりデリケートな方にはかえって刺激になりやすいんです。確かに私は、赤ちゃん用の物って痒くなりやすいんです。

 

また、大人用でも《敏感肌用》《乾燥肌用》はなぜか合わず、化粧水なんかも普通のサラっとした《さっぱりタイプ》がトラブルなく使えるんです!私の今までの経験上ですが。

最後に

そして、最後に私が実践してみて良かったボディーケアをサクッとご紹介します♪

 

まずは、化粧水ですが、もちろん顔用を用意します。これを乾燥の季節は全身にスッとなじませるんです♪決して高価なものは使いませんよ!!

 

あくまでも、バラエティーショップなどで販売されている1000円範囲で購入できる比較的お買い得なブランドの化粧水です。

 

お風呂あがりにパシャッと使います。お腹や胸、背中なんかはこれで充分潤います。とりあえずで購入して使わなくなって余っている化粧水なんかがある方は、是非捨てる前にお試しあれ*・。・♪

 

また、顔用のシートパックも同様!シートを取り出したら、折りたたまれたまま肌に滑らせて塗れるので簡単で便利です。

 

余った乳液も捨てないで!!

 

お風呂に入った際に乳液を持ち込んで下さい。お風呂を出る時、乳液を洗面器などの中でお湯で薄めザブンと浴びてから出る!

 

これでも簡単に保湿効果が得られます☆乾燥がちな方は是非お試し下さい。

 

くれぐれも、化粧品の使用期限が古すぎるものには、ご注意下さいね。